スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

秋の詩仙堂



11/30(土)に、京都、左京区にある詩仙堂に紅葉を見に行ってきました。

京阪出町柳駅から叡山電車を利用。一乗寺駅下車、徒歩13分というルートを選びましたが、この叡山電車がなかなか良い感じでした。

    131130_150057.jpg       131130_150129.jpg

 電車内の窓がとても大きく、外の景色がよく見渡せるのも良かったし、一乗寺駅では、駅員さんから直接切符を買ったり、降車の時は渡したり、それが自動改札に慣れた私には新鮮で、駅員さん自体が景色の一部になってる感じがしました。こういう場所では、やはり機械より人がいいなぁ。

さて、坂道を上ってたどり着いた詩仙堂は、徳川家の家臣であった石川丈山が隠居のため造営した山荘で、正確には凹凸窠 (おうとつか) というそうです。

    131130_153502.jpg       131130_153518.jpg
     詩仙堂の入口 小有洞(しょうゆうどう)の門

 凹凸窠とはでこぼこの土地に建てられた住居の意味であり、丈山は詩仙の間を含め建物や庭の10個の要素を凹凸窠十境と見立てました。また、丈山は、林羅山の意見をもとめながら漢晋唐宋の各時代から詩家36人を選び、狩野探幽によって描かれたその肖像を詩仙の間の四方の壁に掲げました。


 堂内は、撮影禁止でしたが、玄関で靴を脱いで中へ入ることができます。この日は土曜日とあって、観光客も多く、皆さん、縁側に座りながら紅葉が美しい庭を鑑賞していました。

   131130_152501.jpg  131130_152115.jpg
          堂内から見た庭                        紅葉が綺麗です


                   131130_152424.jpg


                  7b86d24e94eb76916e071dff3e865baf.jpg
              読書室である詩仙の間には、狩野探幽によって描かれた36詩家の肖像画が       


 堂内を見学した後は、また玄関に戻り、靴を履いて次は庭を鑑賞することができます。紅葉が一番綺麗な時でしたので、庭の景色は別格の美しさ。ちょっとした別世界を垣間見た気分になれました。


o0500051110982482448.jpg131026_234811.jpg
           詩仙堂見取図                   庭から見た嘯月楼(しょうげつろう)


                         131130_152939.jpg
                               紅葉の美しさが目に浸みます


      131130_153049.jpg
          地面に落ちた落葉も色とりどりの絨毯のようです

                         131130_153210_ed.jpg


      131130_152829.jpg


 詩仙堂は、紅葉の時期の他は、五月のサツキも美しいそうです。修学院も近いし、また、その頃になったら再び京都を訪れてみようかな。

 【詩仙堂アクセス】
      map_access.jpg

 住所:京都府京都市左京区一乗寺門口町

  拝観時間/営業時間:9:00-17:00
  拝観料・料金:500円

  バスでアクセス: 市バス5,特5番で「一乗寺下り松町」下車徒歩5分
  電車でアクセス: 叡山電車「一乗寺駅」下車 徒歩13分
スポンサーサイト
     

春日大社~鹿の角切


10月13日に、春日大社に近い奈良公園で行われた鹿の角切を観てきました。
といっても、事前に計画していたわけではなく、たまたま用事で大阪の実家に戻っていた時にTVで観たNHKのニュースで、このイベントが10月のこの3連休だけに行われていることを知り、「そうだ! 奈良に行こう!」と、思い立ったのでした。せっかく、関西に来てるんだもん。近鉄電車に乗ってGO(大阪からはJRでも行けます)
近鉄奈良駅から春日大社までは、徒歩で20~30分ほど。けっこう距離がありますが、奈良公園には野生の鹿が沢山いて、かわいい姿を見せてくれます。


  131013_123234.jpg        131013_123829.jpg
  木漏れ日の中の小鹿がかわいい。                 鹿せんべいちょうだい。
  でも、近づきすぎると、親鹿が攻撃してくる場合も!


   131013_125528.jpg   131013_124843.jpg
                                 春日大社の参道。万灯篭の時はこの灯篭に灯りがつきます。

鹿の角切りは、江戸時代初期の寛文11年(1671年)より、今日までおよそ330年あまりに受け継がれてる伝統行事で、発情期をむかえた牡鹿の角により、人が危害を受けたり、鹿がお互いに突き合って死傷するのを防ぐために奈良奉行が当時の管理者である興福寺の許可を得て始めたと伝えられています。

会場近くまで行くと、紅白の幕で仕切られた会場の前に長蛇の列が! このイベントを観ようと、けっこうな人が集まっていました。

                    131013_124433.jpg     


        003.jpg
平成25年、7月時点で、奈良公園の鹿の総数は、1,393頭。国が指定した天然記念物なので、とても大事に保護されていますが、死因は交通事故、疾病が多いようです。

角切りに、皆が思う疑問に「角を切られて、鹿は痛くないの?」というのが多いようですが、上図のように10月頃の牡鹿の角は神経が通っていないので痛くないし、血も流れません。ただ、4月頃から8月頃までは、血が通っているので、この頃に切ると多少の痛みは感じるようです。

さて、鹿の角きりですが、30分ほど、並んだ後に、会場に案内されました。サッカーグラウンドを狭くした感じの場所で、階段状になった観覧席から角きりを観ることができます。説明役の方に軽妙なアナウンスとともに、鹿を追う勢子たちが入場。法被姿に手には縄。なかなかのかっこ良さです。


 江戸時代から続くこの伝統行事を支えるのは、この行事の花形ともいえる勢子(せこ)。18名。鹿を捕まえ、神官役が角を切る際に暴れないように押さえる役目などを担う勢子は、奉仕によって支えられているそうです。

 角きりは、勢子が楕円(だえん)型の角切り場に3頭の鹿を追い込み、赤い旗の付いた竹ざおを持って並び、鹿を縁(ふち)に沿って走らせるように誘導。そして、クロスさせた竹の回りに縄をかけた「十字」と呼ばれる捕獲具をシカの角目がけて投げ、縄をかけて鹿の動きを止めると、徐々に縄をたぐり寄せて暴れるシカを押さえて捕らえる流れ。この時にもきちんとフォーメーションが決まっているようで、

「きれいに回そ! きれいに回そ!」
「一列に並ぼ!」

 など、独特の言い回しで掛けられる勇猛な掛け声は印象的でした。

      131013_135150.jpg       131013_135703.jpg
      一匹の鹿だけを追いこんで、                 綱を角に掛けて捕えた鹿を柱に括りつける
      他の鹿には見えないように幕を引く


 普段は皆それぞれの職業で普通の生活を送っている勢子は、毎年この伝統行事を守っているという誇りとプライドを胸に、鹿を守るために、観衆を楽しませるために、当日にこの場所に集まり心を一つにして角きり場で活躍しています。


    短いですが、動画だと少しは迫力が伝わるかな。
    [広告] VPS


    [広告] VPS



      131013_134444.jpg
 鹿を捕えるのは勢子ですが、角を切るのは神官です。春日大社の鹿は神聖な動物なのです。

                           131013_134635.jpg
                           みごとに2本の角を切ることができました。

       131013_134704.jpg
       角を切った後に暴れるので、鹿を解放するにも、気が抜けませんね。


 角切りを観た後に春日大社の方にも参拝してきました。相変わらず、綺麗な社屋です。

131013_141502.jpg

                   131013_141522.jpg


               131013_141940.jpg


 今回は、たまたま、だったものの、奈良の伝統行事を観ることができて、とてもラッキーでした。勢子には若い人も何人かいて、ベテランの方と一緒に参加されていました。友達が見にきていたようで、「かっこ良かったよ!」の声援に、「俺…今日は、何にもしてなかったから」と、恥ずかしそうに頭をかいていた姿が印象的でした。きっと、何年か後(来年?)には、大活躍しますよ。頑張って。
     

京都から大阪~池田屋騒動の地 池田屋~はなの舞と道頓堀



お盆の帰省もかねて、京都・大阪に行ってきました。
折しも最高気温38度の猛暑さすがにアウトドアな活動はする気になれず、今回は、街探索に留まりました。

8/14に訪れたのは、京都。
京阪三条駅の近くにある三条大橋の水の流れを見た時だけは、涼しさを感じました。ただ、さすがに暑いんで、鴨川の岸にカップルは一組もいなかったな

三条大橋を渡って行ったのは、あの新撰組が、倒幕派の幕末の志士たちを征伐したので有名な、池田屋事件が起こった跡地にできている”池田屋”~はなの舞~
ちなみに「池田屋事件」とは、幕末の1864年7月8日(元治元年6月5日)祇園祭りの宵山に、京都三条木屋町(三条小橋)の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、京都守護職配下の治安維持組織である新選組が襲撃した事件。

この海鮮茶屋は、居酒屋チェーンの~はなの舞~が経営している店で、昔の池田屋の建物は現存はしていませんが、店は池田屋にちなんだ装飾になっていて、けっこう雰囲気がありました。以前、この跡地はパチンコ屋だったそうなので、海鮮茶屋になっている方が良いですよね。



                     130813_114618.jpg
 三条大橋。この下からは辺りの様子がよく見える。新撰組隊士たちが橋の上を監視する際は、乞食の格好でこの橋の下というのが、定番だったらしい。

    130813_115059.jpg       130813_115116.jpg
       ”池田屋”は三条大橋から徒歩3分              石碑が店の前にあります


お昼のランチを頂いたのですが、この日は、全く混んでいませんでした。居酒屋なんで、夜が本番なのでしょう。
店内に入ると、”誠”の羽織をはおったお兄さんが店内に案内してくれました。
見上げるような大階段に、新撰組のグッズに切絵の装飾絵。けっこう、雰囲気があって、面白いです。
メニューには、アニメの「薄桜鬼」とコラボしたカクテルなどもありました。


    130813_124817.jpg      130813_121609.jpg
     店に入ったとたんに目に入る大階段が迫力           中2階にこんな展示が             

                  130813_124800.jpg
                店内には幕末の志士を描いた切絵が沢山あります                     


    130813_121941.jpg      130816_181912.jpg
            カクテルメニュー                   コースター 持って帰っちゃた

ランチメニューは、色々とありますが、私たちが食べたのは、「池田屋弁当」1500円と、隊士のランチ「土方歳三」1200円。
内容は、お造り/天ぷら/焼き物/煮物/ご飯/赤出し/デザートで、「池田屋弁当」の方が「土方歳三」よりも品数が多かったです。

  130813_123130.jpg     130813_123040.jpg
           「池田屋弁当」                         隊士のランチ「土方歳三」

ランチはどちらも、ちょっと量が少ないように思いましたが、天ぷらは衣が、からっと揚がっていて、とても美味しかったです。ランチメニューは、土・日・祝 11時~14時で、平日は要予約なのでご注意を。池田屋で、ランチを食べて少しだけ幕末気分を味わえたかも(笑)


 それにしても、この場所でかつて、近藤勇や土方歳三、沖田総司などと幕末の志士が斬り合い、池田屋事件が起こった翌日は、池田屋の廻りに集まったやじ馬たちの間を新撰組隊士たちが大手を振って屯所に戻って行った。というのですから、時代は変わるものです。ちなみに、池田屋事件の際に新撰組隊士たちの集合所となった祇園会所は、今は、八坂神社の入り口階段の道路を渡った向かいにあるローソンになっているそうです。

      48186215_624.jpg
      池田屋事件の日の新撰組の集合場所、祇園会所址。今はローソン
      お店の佇まいがコンビニなのに渋いところにローソンの心意気を感じます。この向かいが八坂神社


●8/15には、大阪、心斎橋~難波までを探索をしました。

あいかわらず、大阪はパワフルな街でした。ちょうど、阪神ファンがダイブするので有名な道頓堀橋の袂にきた時に、大スクリーンで、高校野球の中継を映していました。それが、大阪桐蔭のサヨナラ勝ちの試合だったものですから、桐蔭が勝った時には拍手が沸き起こってました。皆さんの応援ぶりも猛暑に負けず熱かったです(笑)

                    130814_180640.jpg
                 カニを見るだけで、入ったことのない、かに道楽(笑)    


   130814_180937.jpg       130814_194121.jpg
   「進撃のかき氷」!? 完全にパクリ(笑)             夜の道頓堀 グリコ~ 


 大阪出身の私でも、久々に訪れると、圧倒されそうなパワーの街です。帰りの新大阪のお土産屋さんには、「面白い恋人」が山積みになっていたり「めっさうまい棒」なんていうのもありました。
ネタをやらずにいられんのか~大阪は。

  P2011112802411-hitokoto-okasi.jpg     img_528950_20203829_0.jpg


 帰りに乗ったタクシーの運転手さんの話も面白いというか、肝に銘じておかねばと思いました。
 一方通行を逆走してくる車を見つけるや否や、
「あ~、お盆はああいう素人のドライバーがいるから、かなわんわ。けどな、ああいう車にわざとぶつかるアタリ屋の車もおるねんで~。一通を逆走して警察呼ばれたくない奴は、10万くらいは簡単に出しよるからな~」
と、おっしゃってました。これぞ、大阪ドライバーからの指南。
     

白山神社の紫陽花祭り


6/14に文京区の白山神社に行ってきました。
3,000株の紫陽花は、ほぼ、満開。
霧のような雨が降っていましたが、しっとりと濡れた花々が美しかったです。5月の根津神社のサツキも綺麗でしたが、萌える紅という感じのサツキとは違って、紫陽花は絹糸のような艶やかさがありました。


       130614_123302.jpg         130614_122814.jpg

白山神社の主祭神は、菊理姫命(ククリヒメノカミ)伊弉諾命(イザナギ)伊弉冉命(イザナミ)で、縁結びのご利益があるそうです。その由来は、

日本神話に、神産みの時に大火傷をおい、死んで黄泉の国へ行った妻・伊弉冉尊(イザナミ)に逢いに黄泉を訪問した夫・伊奘諾尊(イザナギ)は、妻の変わり果てた姿を見て逃げ出した。「一緒に帰ることはできない」と言った伊奘諾尊と伊弉冉命が口論となった時、菊理媛神(ククリヒメノカミ)が何かを言うと、伊奘諾尊はそれを褒め、帰って行ったとある。→何を言ったかは不明。気になりますが…。

この説話から、菊理媛神は伊奘諾尊と伊弉冉尊を仲直りさせたとして、縁結びの神とされたそうです。また、死者(伊弉冉尊)と生者(伊奘諾尊)の間を取り持ったことからシャーマン(巫女)の女神ではないかとも言われ、ケガレを払う神格ともされているそうです。

また、白山神社には歯痛止めのご利益もあるそうで、期間中に歯ブラシ供養などもされてるとか。


       130614_122757.jpg         130614_122524.jpg
                                           白ユリとのコラボもなかなか良いコントラスト。


       130614_122610.jpg        130614_122414.jpg
     紫陽花祭りの期間だけ、普段は閉められている富士塚が
     午前9時から午後5時が解放されます。
     敷地は狭いですが、綺麗! 一見の価値があります。

       130614_122355.jpg        130614_122057.jpg

  【期間】 平成25年6月8日(土)~16日(日)
  【会場】 白山神社(文京区白山5-31-26 )及び白山公園

  【交通】

   都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩3分
   東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩5分
  都バス草63「白山上」より徒歩3分
     

金土日館 岩田専太郎作品~常設館


 金土日館は、その名の通り、金曜、土曜、日曜日にしか開館しない、挿絵文化の先駆者として一世風靡した岩田専太郎の作品が展示してある小さな美術館です。


 岩田 専太郎(いわた せんたろう)(1901年6月8日 - 1974年2月19日)とは、1926年(大正15)より『大阪毎日新聞』に連載の吉川英治作『鳴門秘帖(なるとひちょう)』の挿絵を担当して、一躍人気画家となった画家です。
特に官能的な女性画像を得意とし、新聞や雑誌の小説の挿絵を手掛け、かたわら本格的な日本画も描き、美術考証家としても活躍しました。

その金土日館に、ちょっと立ち寄ってみました。
一見すると、普通の民家のようで、扉を開くのに多少、戸惑うかもしれません

ie.jpg t02200165_0800060011541536287.jpg130517_123840.jpg



扉を開けば、そこはこじんまりした展示館です。受付の女性の案内で靴からスリッパ(これが可愛い)に履き替え、ソファに座って、まずは7分ほどのプロフィールや作品の説明などのビデオを見せてもらいます。
 私が訪れたのは、金曜日の12時過ぎでしたが、この日は、客は私一人だったので、広いソファを独り占めで、優雅な気分だけど、ちょっと異空間にはまり込んだなって感じでした。


 展示室は、このソファがあるエンタランスルームの他に地下と2階がありました。ここには、専太郎の絵の他の日本画なども展示されていました。

v2.jpg


エンタランスルームの壁にぐるりと掛けられた美人画は、優美で、香るような色気が漂うようで、すごく素敵でした。表情がたまらなくいですね。
07.jpg    瞳    l_00025483IMG1.jpg

      湯あがり                     瞳                     稽古帰り

くれない   お酌    スカーフ

        くれない                   お酌                   スカーフ


    23007000024.jpg
     岩田専太郎と奥さん。どことなく絵の女性と似ているような。



美人画の他には新聞小説に掲載した挿絵が、当時の新聞と一緒に展示してありました。
新聞に掲載された絵より、原画の方が大きく、鮮明で見ごたえがありました。挿絵というよりきちんとした1枚の絵といった感じでした。

   挿絵の書き方

    「挿絵の書き方」という本の挿絵 素敵! この横顔! すごく好きです。着物の模様も綺麗ですね。
 今でいう、イラストの書き方って感じの指南書なんでしょうか。中身も読んでみたかったです。


       20100727143917.jpg

          『江戸無情』(新潮社、昭和38年)



                    20100727143916.jpg

                    『江戸無情』(新潮社、昭和38年)


                   20100727150239.jpg

                   『春色江戸巷談』(講談社、昭和41年)


 岩田専太郎が残した名言にこんなものがありました。

  「きのうは過ぎ去ってもうこない。あすはまだ来ない。今日があるだけ。」

 刹那的で、心にぐっとくる言葉ですね。また、僕の絵は芸術ではないので、ただ書きまくるだけというような言葉も残されていました。今なら、専太郎の絵は胸を張って芸術と言えるだろうに、当時の芸術の概念って、随分、狭かったのだなと思ってしまいました。村上隆のフィギュアが数億円で取引される今の時代に岩田専太郎が生きていたら、一体、彼はどんな絵を描いたかな? ちょっと、それを見てみたくなってしましました。


金土日館

http://www.kindonichikan.com/about/index.html

東京都文京区千駄木1-11-16
最寄駅千駄木駅から徒歩約5分

営業時間午前10時~午後5時
(入館は4時30分まで)
定休日月~木曜日、夏季、年末年始
入館料 一般    600円
    小・中学生 300円

map.gif

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。