スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

浅間嶺へ行ってきました



4/12に奥多摩の南部にある標高903mの浅間嶺(せんげんれい)に行ってきました。

低山ハイキングといった感じのコースで私にはちょうど良く、今回は同行の友人から、事前に登山計画書をいただいて、行く前から、何だかわくわくしてしまいました。
ルートや大まかな時間配分、万が一のためのエスケープルートなどが書かれていて、これって、作っておくと、すごく便利だし、高い山には絶対必要だと思いました。


出発地は、武蔵五日市駅からバスに乗って25分。
払沢(ほっさわ)の滝入り口からまず、滝を見て(写真)山歩きの始まりです。この滝は、以前は2月には氷結する事もあったようです。

1146819253_208.jpg


時坂峠までのゆるやかな登りをさくさくと落ち葉を踏みしめながら、歩いて、頂上の浅間嶺へ(写真)
ただ、残念な事に期待していた桜は頂上ではまだ早く、3分咲きくらいでした。麓では綺麗な桜が咲いていたのに、お山の桜はやはり遅いようです。かわりにカタクリの花を見つけました。風は涼しく、冷たい沢の湧き水が美味しかった。ちょっと甘い味がしました。

   1146819253_246.jpg  1146819253_63.jpg


おにぎりを食べてから、人里(へんぼり)分岐~数馬分岐の1時間ほどの尾根道を行ってから下山の途中で、すごいモノを見てしまいました。

マウンテンバイクの一団

幅1mもなさそうな、おまけに片側が崖っぷちの山道をけっこうなスピードで、彼らは飛ばして行きます。落ちる、落ちるよ~。

大学か何かのサークルかと思いきや、浅間嶺はMTB(マウンテンバイク)のメッカで、幾つものサークルが活動している場所なのだそうです。
比較的整備された長い下山道が魅力だとか。にしても、一輪車の人たちまでいたのには、目が点になってしまいました。

”登山は自転車で”

山登りの楽しみ方って、人それぞれなんですね。

【浅間嶺】
歩行距離 10kmくらい
かかった費用 交通費 2500円くらい
檜原温泉センター 入浴料 800円

下山してから徒歩10分くらいの場所にあります。歩いた後の温泉は最高です。ゆっくりしていってね~(しました)先に来た団体さんにコーヒー牛乳を飲まれてしまったのが悔やまれます。

奥多摩はまだまだ、楽しそう(きつそう?)な山がいっぱいありそう。また、それらにも登ってみたいものです。

スポンサーサイト

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。