スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

なぜ道に迷ってしまうのか



といっても、哲学的な設問ではなく、直、方向に迷ってしまうってお話です。

私は、いまだに東西南北がよく分かりません。一人で簡単な山歩きを始めて、やっと、そのことを反省し改心して、脳内改造を試みているわけですが、また、先日の京都でやってしまいましたーー;)

「八坂から清水に行っちゃおう~。ここは昔、散々、歩いた道だから下調べなんてしなくても、大丈夫」
と高をくくって、自分の記憶だけで行こうとしたのが大間違い。おまけに、大雨のせいで京阪電車が不通になっていて、使ったことのなかった阪急電車で京都に行ったことも方向感覚を狂わせる原因になったようです。いつもは京阪四条を出てすぐに八坂神社に向かったのに、今回は反対に行きかけてしまいましたから。→何とか間違いに気づいた。

記憶では八坂神社の鳥居をくぐって、すぐ左に曲がって、まっすぐ行けば、お店がいっぱいある坂に出て……でしたが、行き着いたのは丘の上の寺! (これは後で長楽寺と分かりました)
ここで道を間違えたのに気付いたけど、一応、参拝!

坂を下って、今度は丸山公園に出て、長楽館を懐かしく眺めながらもう1度、八坂にもどってきました。たしか丸山公園を経由してゆく道があったなと思ったけど、記憶の道に再トライすべく、もう1度、鳥居の位置から再スタートだ。

今度は、少しそれらしい道にでました。それにしても、この日は目茶目茶に暑かった。日本って便利ですね~こんな伝統の京都の町にも自動販売機がごろごろあるんですもの。(景観問題は?)

取りあえずは日本茶で水分補給しながら、「ねねの道」なる狭い通りを歩いてゆきました。人力車にお土産どころ。客待ちするタクシー。見えてくる三重の搭。おぉ、いい感じ! と、思いきや、時計を見ると、もう3時。そろそろ、新幹線をつかまえて、住まいの東京に帰らねばゆけない時間となりました。それに踵の高いサンダルで歩いたもんで、もう足が痛いよ~。暑いよ。汗が噴き出るよ。

結局、二寧坂の手前までは来ていたようです。私の望みは三寧坂を越えて清水寺だったんですが、また、それは次の機会に。今回は一応、京都気分(暑さも)を味わえたし、夏季限定”冷やしておたべ、”生八ッ橋”も買えたので満足せねば。


というわけで、猛反省をして、家に帰ってから「方向音痴テスト」なるものをやってみました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~mashumashu/onchitest2.html


結果はこんな感じ。

あなたの合計は62点です


道順記憶得点は17点です
定位更新得点は20点です
方角認識得点は6点です
地図認識得点は19点です


「とりたてて方向音痴でも方向感覚がいい方でもありません。約70%の人がここに入るわけで、方向音痴界ではごく普通の人ということになります。「方向音痴」っていう意識は結構思い込みの強い意識でもあるので、「えっ?そんなことないー」って方もいらっしゃるかもしれませんが、たぶんあなたは一人でもちゃんと歩いていける人なのです」

方向音痴界では私は”普通の人”らしいと結果が出て、ちょっと一安心です。
でも、方角認識得点が6点っていうのはやっぱり反省……。


以下はネットで拾ってきた、東西南北の見分け方です。

〇太陽は東から昇って南を通って西に沈むから
大体の時間で方角が判るでしょう。
朝なら太陽の方角が概ね東で、昼なら太陽の位置が南、
夕方なら西と言うわけです。
曇りとか太陽が出ていない時は、いくつかのマンションで共通で
窓が向いている方角が南と思えば大体は合っているはずです。
そうすれば、反対が北で右が東で左が西です。

O日本列島に居るなら昼は太陽の位置とその時刻で大体東西南北は推定できます、

☆また夜間星空が見えるのであれば北極星方角が北に成りますので北極星の位置だけは覚えておくと便利ですよ!。
北極星はいつでも北に位置してます、
北極星を見ながら右手が東、左手が西。

〇ドラクエをやりましょう。
ゲーム内で東西南北がよく使われるので、自然と東西南北の位置関係を覚えますよ。

〇東西南北を右左後前と覚えればよいのでは?
右よ~し(右を差す)! 左よ~し(左を指す)!しゅっぱ~つ(後に指して)!しんこ~う!!(前に指す) これで東西南北の出来上がり

〇東が右 西が左 南が後 北が前
東京住民だったら、 新宿が東 八王子が西 で覚えてあとは後が南で前が北って覚えれば簡単


〇最初に方位磁石を買って、思いつくまま方位を見て、町の景色と重ね合わすとわかります。
それらを身につけてから、広い郊外や山の中で、自分なりに方向付けをしてみてから、時間と太陽の位置との関係を知ると
良いです。


〇太陽が昇る方向がだいたい東です。その左90度が北ですので、その方向をしっかり覚えましょう。そしたら、北を向いて後ろが南、右が東、左が西になります。
地図ではほとんどのものが北を上にしていますので、同じように右が東、左が西、下が南になります。
あとは日頃から方角を意識して生活していれば、いつか身につくと思いますよ。

〇腕時計の針の短針を太陽に向けます。その場合の短針と12時の中間が南です。
なお日本の地図は真上が北になっています。

 
なるほどね。ドラクエゲームは何となく納得! よく、北へ旅断つ渡り鳥は北極星の方向を目指して、自分の目的地に的確に降り立つと聞きますが、私、渡り鳥に負けてます……。頑張らねば!




スポンサーサイト
     

フェルメールと贋作


フェルメールはとても人気のある画家ですが、フェルメールの絵は一目見るだけでも、解り易く美しいところが、多くの支持を得る理由なのかもしれません。
 特に今年は彼が残した30数点の作品(たったの30点!)の中から10点が日本に来るそうで、私もなるべく見にゆきたいと思っているのですが、今、公開されている「真珠の耳飾の少女」は、宣伝が派手すぎてちょっと躊躇してしまっています(笑)

フェルメール作品といえば、前に渋谷、bunkamuraで開催されている展覧会、
フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展には行きました。

フェルメールは、私の自作小説「ピータバロ 贋作者のテクニック」
http://ncode.syosetu.com/n2194m/



主人公のキース&ミルドレッド

 のテーマにもしていたので、この絵画展は絶対見たかったのです。

 特にこの展覧会の目玉の「地理学者」は、

 モチーフの地理学者がイケメン!そして、絵画に秘められた謎の数々。 フェルメール特有のラピス・ラズリを顔料にした”ウルトラマリンブルー”が衣装やクロスにふんだんに使われている。日本初公開! と、見所が満載でしたから。


 フェルメール「地理学者」




 これは、光の表現とかが柔らかくて、いつまでも見ていたい感じの絵です。地理学者が視線を向けている先は、手に持つ海図ではなく、窓の外です。その先にあるものは、まだ見ぬ遥か遠くの国なのか、それとも自分の未来なのか。窓の外から地理学者を照らす光は、彼の強い意志をあらわしているようで、この光の表現、素晴らしいです。

 そして、フェルメールの作品のモデルは断然、女性が多いのが特徴で、男性の全身が描かれているのは、この「地理学者」と「天文学者」の2点しかないというのも貴重ですね。ちなみに「天文学者」の方は、お爺さんで、こんなイケメンではありません(笑)



ちょっと余談になりますが、自作小説「ピータバロ」の中で、その主人公、キース・L・ヴァンベルトは、フェルメールの贋作者として世界的にも有名なメーヘレンに、触発されてフェルメールの贋作を描きあげるのですが、

その天才贋作者、メーヘレンがフェルメール風に描いた、贋作の1点をちょっと紹介します。

実際にフェルメールはこんな作品は描いていないのだけど、贋作なのに、鑑定士に認められてフェルメールの真作として売買されてたっていうんですから、メーヘレンの贋作師としての腕の凄さが分るでしょう。
今回の展覧会に出品された「地理学者」の光の構図も、メーヘレンの贋作の中に盗み取りされているそうですが、そう言われてみると、机に座る婦人に差す光は「地理学者」のものと似ているような気がします。


 「手紙を読む青衣の女」を参考にして描かれたメーヘレンの贋作 



  フェルメールの真作「手紙を読む青衣の女」 



どっちかっていうと、メーヘレンの贋作の方が良かったりしますね。


 贋作師メーヘレンは顔料やキャンパスの質にいたるまで、すべて、フェルメールが使ったのと同じ物を作り出すことに非常に拘りをもっていました。少しでも、17世紀にフェルメールが作品を作り出した状況を作り出そうと、あらゆる化学薬品、室温に湿度を実験し、何度も思考錯誤を繰り返し、その手法をなぞろうとしたそうです。けれども、フェルメールって、そんな風に凄腕の贋作師が研究に研究を重ねて、描きたくなってしまうくらい、魅力的な作家だったんでしょうね。

 ちなみに、フェルメールの天才贋作師、ハン・メーヘレンについて詳しく知りたい方は、
「私はフェルメール 20世紀最大の贋作事件」フランク・ウィン著が非常に面白かったです。読み物としても楽しいので、興味のある方はぜひお読み下さい。これは、お薦めの一冊です。
     

主題がわかると、絵画っておもしろい(聖書編)


美術作品では主題と表現が大切って言われますが、教会にまつわる絵画っていうのは、主題が分らなければ、その面白さは半減してしまいます。いわゆる、宗教画の醍醐味ってやつです。

宗教画っていうと、旧約聖書、新約聖書が頭に浮びます。私はファンタジー小説やラノベ小説が大好きですが、その主題にも、聖書のエピソードがよく使われています。
よく小説ネタに使われている私的ベスト5を選んでみると、

アダムとイブ、カインとアベル、ノアの方舟、ヨハネ黙示録、サロメかな。

こうして書き並べてみると、新約よりも旧約の方がよく使われてますね。

レーニの描くダヴィデは色っぽいよ。同じダヴィデでも、ダヴィンチのダヴィデ像とは味わいが違いますね。







サロメも描く画家によって随分、雰囲気が違う。しかし、ダヴィデにしても首斬りの主題って多いな(汗っ)




受胎告知、これも画家によって表現は様々。告知にくる天使ガブリエルの手には白い百合。精霊の鳩、祈祷書などが描かれることが多い。




こちらのロセッティの受胎告知は、まるで現代画みたいですね。





宗教画においては、様々な画家が様々な主題と表現で絵を描いているわけですが、ここでは、守護聖人について触れてみたいと思います。

聖人とは、カトリック教会の定める、信仰と功徳にぬきんでた人々で、キリスト教の教えを守って倒れた殉教者が多く含まれています。聖人は聖書に語られることのない、もう1つのキリスト教信仰の形であり、これら諸聖人を描かれた美術作品は極めて多く、彼らを特定するには、特定の持ち物が必須になってきます。反対に美術館などで絵を鑑賞した時に、その持ち物を知っていれば、説明文を見なくとも、その聖人が誰だか分るってわけで、それって楽しいですよね~♪


なお、殉教者の多くは棕櫚(しゅろ)の葉を持ち物とするのが通例ですが、以下は、私がその中でも興味深いと思った守護聖人の絵とエピソードです。女の人に偏ってるけど、お許しを。

*聖アガタ 
 シシリア島の生まれ。ローマ総督に求婚されたが、神に身を捧げた彼女は拒否し、拷問に掛けられた末に鋏で乳房を切られたが、聖ペテロが彼女の前に現われて傷を癒した。殉教後、火山噴火時に彼女のヴェールが溶岩を防いだことから、火山噴火、火災の守護聖女になった。

手にしたお盆に乗っているのは切られた乳房!? 肉まんじゃありません。



*聖アグネス

 キリスト教迫害のローマ時代に、長官の息子求婚を拒み、娼婦に身を落とされ、裸で市中引き回しにあうが、突然、髪が伸びはじめ、彼女の裸体をすっぽりと覆った。火刑をも生き延びたが、ついに斬首された。四大殉教聖女の1人。




*聖アポロニア

 異教の神々の像を破壊したために、歯を抜かれ、燃え盛る火を前にキリスト教の信仰を捨てることを強要された時、短い祈りを言った後に火の中へ入っていった。歯医者の守護聖人で、歯医者のポスターに使われる時もあるとか。そういえば、この絵は抜かれた歯をもっていますね。




*聖カテリナ

 キリストの神秘の結婚をしたという彼女は学問に長け、時の皇帝が彼女を見初め多くの博士を動員して、学問で彼女を破ろうとして敗北した。怒った皇帝は彼女を車裂きにかけたところ、天使が現われ、車輪を粉砕。しかしついに、斬首されて殉職した。
教育、学問の守護聖人。絵に刺付車輪が描かれているのは聖カテリナの証拠。




*聖チェチリア

 ローマ貴族の娘に生れたチェチリアは婚約者に結婚しても純潔なままでいることを条件に嫁いだ。夫がならば天使の姿を見せて欲しいというと、天使が現われ、百合の冠をチェチリアに薔薇の冠を夫に与えた。のちに夫と共に殉教。結婚の当日、無数の楽器の音が彼女を見送ったという伝説から音楽の守護聖人とされる。




*聖マグダラのマリア

 聖書では御馴染み。裕福な生まれだったが、贅沢の味を覚え、娼婦にまで身をおとしたが、キリストの弟子となって、罪を悔い、主の昇天後、マルセーユで伝道につとめ、孤独のうちに修道生活を送った。キリストの磔に立ち会った。マルセーユと罪を悔いる女性の守護聖人。

瞑想中に膝にある髑髏は誰のもの?




*聖ニコラウス

 この方は男性です。日本では”サンタクロースで名が知れていますね! 赤ん坊の時、聖金曜日には乳を飲むことをやめて断食したらしい(笑)その他にも、暴風雨にあって沈んだ船を助け、塩漬けにされた子供たちを蘇らし(!)多くの奇跡を起こしたらしいです。




聖人の数は多すぎて、ここには書ききれないですが、また、今までとは違う観点からの美術鑑賞ができるようになりますから、興味のある方はぜひ、文献などを読んでみて下さいね。

参考文献 西洋絵画の主題物語 Ⅰ 聖書編  美術出版社















プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。