スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

本と挿絵



お気に入りの本にお気に入りの挿絵がついてる。これって、楽しみ倍増ですよね。

そんな風に文・挿絵共に充実していたのが、私が子供の頃に毎月、父が買ってきてくれた「少年少女世界の名作文学」でした。

昭和39年の9月に刊行され、全50巻の全集で、毎月1冊ずつ配本される形式の本でしたが、1冊の価格が480円。当時としては安い値段ではないけれど、父は頑張って50巻全部を揃えてくれました。

監修が川端康成っていうのが凄いと思うと同時に、訳者、絵師にも大物がずらり。おまけに
各話に幾つもの挿絵があって、本の裏表紙にも毎月、有名どころの名画が解説とともに掲載されていたという豪華な本でした。

 

この本の中でも、挿絵画家の伊藤彦造の絵は今でも印象に残っています。繊細なペンタッチにはため息が出てしまいそう。思えば、この本と挿絵に出合って、本好きに拍車がかかったのかも。

剣豪などのイラストが多いですが、彼のギリシャ神話の挿絵は、神々の荘厳な姿が繊細なペンで描かれていて、当時の私は、子供ながらにうっとりと見惚れてしまいました。

伊藤 彦造(いとう ひこぞう、1904年2月17日 - 2004年9月9日)は、日本の画家。大分県大分市出身。剣豪、伊藤一刀斉の末裔に生まれ、自らも剣の師範であった。朝日新聞東京本社で勤務中に同社の専属挿絵画家右田年英からイラストを学び、改めて画家を目指し日本画家の橋本関雪に師事する。(Wikより)


        ホメロス神話の挿絵
             

        平家物語から
         平家物語


  平家物語 この繊細なペンタッチ!
平家物語1  平家物語3

          「石の花」から ソビエトの童話です。可憐な横顔ですね。
       石の花



同じ全集の挿絵画家では池田浩彰も好きでした。

池田浩彰
 多くの児童文学に挿絵を残しているにもかかわらず、この作家の情報は非常に少ないです。かなり前にお亡くなりになったそうですが、 本の解説には、1925年、 大連(現在の中国の旅大市大連)に生まれる。独学で絵の道にはいる。
ロシア占領下時代の建築物が並ぶヨーロッパをおもわせる街、大連で培われた美意識と、日本的なるものへの憧れ、東洋と西洋が結合したような永遠のボヘミアンを理想とする生き方の中で、ロマンチズムに満ちた画風が生まれたとあります。高齢になってからは、絵筆は握らなかったとか。

池田浩彰さんに関しては、このブログの別記事(池田浩彰と少年少女文学全集の挿絵画家たち)でも触れています。


素敵な横顔ですね。顔にかかるレースの白がとても印象的です。この絵師さんは、全集と別の本でも沢山の挿絵を描いています。

                     2011021319.jpg

      こちらは、「シンデレラ」の挿絵です。

            img_865433_9738791_1.jpg



          お姫様?が、傅く男に何かの褒賞を渡しているんでしょうか。ちょっと気になるシーンです。
           


作家の中には作品の絵を自分で描いている人もいますが、そんな中でのお気に入りは、これ!

ウェブスター「足ながおじさん」のイラスト 主人公のジュディの学校生活の様子のユニークなタッチが本文を引き立てています。本文のジャービスおじさんへの手紙に添えられた絵。こんな手紙を受け取ったら、ジャービスさんでなくても、すぐに次の手紙が欲しくてたまらなくなってしまうかも。落第点を取って涙している姿が可愛い。

 

キャロル「不思議の国、鏡の国のアリス」 このイラストは巷でも絶大な人気ですが、”アリス”自体が、創作意欲をふんだんにかきたててくれるキャラですから、”アリス”と入力して画像検索しただけで、オリジナルとは違った、様々なアリスがパソコンの画面に現れてきます。その絵を見ていても、可愛いのから邪悪?なのまで様々で、けっこう、楽しいです。








3Dゲームの「Alice in nightmare」のイラスト。戦うアリス!




少年少女世界の名作文学の挿絵画家たちのイラスト以外にも、私が好きな挿絵は沢山ありますが、それらをずらっと紹介させていただくと、

トーベ・ヤンソン「ムーミン」シリーズ




白黒なのに、画面が色付みたいに鮮やかです。おっと、お化けがいる。


山田章博 十二国記のイラストは、小野不由美の文章にぴったり。


延王と延麒 風の流れを画面から感じてしまいます。




末弥 純 「ファファードとグレイ・マウザー」シリーズでこの絵師さんを知りましたが、グィン・サーガシリーズ、魔界都市シリーズ、パトレイバーと言った方が知っている方は多いでしょう。「ファファードとグレイ・マウザー」は小説もいいので、またプログで紹介するつもりです。この小説は、ヒロイックファンタジーの古典ですが、男性、二人主人公という珍しいパターンの物語です。

 



藤城誠治「銀河鉄道の夜」のイラストは印象的 光と影と色彩の妙が素晴らしく、目覚めながら夢を見ている感じ。影絵だっていうんだから、それも凄い。






5790885660_dfde61c5ee_o.jpg
これは、可愛いですね
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=8#



藤城さんは、また、広島の原爆ドームや東日本大震災などをテーマにした作品も作られています。
 空を舞う折り鶴やファンタジーの世界の小人たちが、笛を吹き、キャンドルを灯す様は、鎮魂と平和の祈りを静かに私たちに訴えかけているようです。


     134812733151513225732_DSC04074hi.jpg



     2013060202.jpg


              img_17 1352988387
               奇跡の一本松の上でキャンドルを灯す小人たちが印象的です。



                         img_0 1247329594

         tennsinookurimono(l).jpg

 その他にも色々と好きな絵がありすぎて、一度には載せきれませんが、本当に心魅かれる絵ばかりです。
コミックやアニメまで手を伸ばしてしまうと、多すぎて、切りがないです。でも、また、それもおいおい、ブログに載せてみようかな。



スポンサーサイト
     

自作小説アラカルト


私、kazanasiは、風梨凛の名前で、いくつかのサイトで自作小説を連載していますが、イラスト(pixa使用)なども描いてみたので、あらすじとともにご紹介します。

アイアリス 虹と闇の伝説
http://ncode.syosetu.com/n0035cx/  (小説家になろう)

           虹闇 タイトル
            アイアリスの登場人物、ゴットフリー・フェルト





画:岩澄龍彦さん


あらすじ

第1章 至福の島と七つの欠片

“レインボーヘブン”それは、豊穣の女神、アイアリスに守られた至福の島。だが、その島は、ある日突然、海に消えた。舞台は、その五百年後、東海の孤島、ガルフ島。それは、不自然な地盤沈下により、やがては沈む運命の島だった。残酷無比と人々に恐れられたガルフ島警護隊長、ゴットフリーは、レインボーヘブンの欠片、”大地”と名乗る少年、ジャンと共に住民たちの第2の故郷を求めて、蘇るレインボーヘブンへの道標を探し始める。

第2章 黒馬島奇談


崩壊した故郷ガルフ島を出たゴットフリー、ジャン、タルク、ミッシェの4人は伝説の島、レインボーへブンを探すため、新たな航海の旅に出る。旅の途中の海に、突然現れた黒馬島。寂れたこの島で、彼らを待ち受けていたのは、黒馬島の神剣、“闇馬刀(やみばとう)”と、御神体の黒馬、そして、美しい双子の姉弟、天喜(あまき)と伐折羅(ばさら)だった。アイアリスシリーズ、第2弾。

第3章 虚無の王宮 水晶の棺

“レインボーヘブン”それは、豊穣の女神、アイアリスに守られた至福の島。残酷無比と人々に恐れられた男、ゴットフリーと、レインボーヘブンの大地の欠片、ジャンは、仲間を伴い、500年前に消えたその島を探して旅を続ける。
旅の途中で、立ち寄った黒馬島。消えゆくその島から、寸でのところで脱出した、彼らの次の訪問地は、繁栄の頂点にたつグランパス王国。だが、華やいだその王国の裏側は?超豪華演出で繰り広げられるストーリー。アイアリスシリーズ第3弾!

アイアリス第3部からの登場人物。 ラピス・ラズリ
ラピス結合


第4章 闇の女神 夜明けの大地

邪神となったアイアリスに囚われたゴットフリーの行方が分らぬまま、ジャンたちの黒馬島での生活が1年経った。だが、毎夜、現れる幻の黒馬に触発されたかのように、邪気、海の鬼灯が彼らに攻撃を仕掛けてくる。一方、ゴットフリーの逃亡により、アイアリスの心はさらに荒み、その隙間につけ込んだ海の鬼灯と融合して、救いのない怪物を生み出してゆく。果たして、至福の島は復活するのか? アイアリスシリーズ、完結編。


ピータバロ
http://ncode.syosetu.com/n4412ca/  (小説家になろう)

       ピータバロ タイトル入


            ピータバロ 改

             ピータバロの登場人物 ミルドレッドとキース パトラッシュ

ピータバロ1

ピータバロ、それはイギリスの小都市の名前。17歳の誕生日をま近にした、売れない画家のキース・L・ヴァンベルトの前に突然現れた、可愛いがおそろしく小生意気な小学生の女の子。「この絵いいわね。私が買ったげる」彼女がキースに支払った金額は何と250ポンド(約5万8千円)貰いすぎたお金を返すため、キースは彼女を追って、名門校ピータバロ・シティ・アカデミアに潜入するのだが…

ピータバロ2 12番目の肖像画

表向きは名のある寄宿舎学校、裏では学校ぐるみの窃盗団のピータバロ・シティ・アカデミアの専属画家となったキース・L・ヴァンベルトは、突然、彼の目前に現れた古い洋館の姿に目をみはる。その館の中で出会った一人の少女。「私の肖像画を描いて欲しいの」だが、その少女は、館に住む幽霊だった。

ピータバロ番外編 ミカエルへの哀歌

ミカエル、僕は君を待っている。だから、愛して、僕を愛して…。
だが、天使を待つ死刑囚の男の前に現れたのは、漆黒の翼を持つ闇の王だった。

短編「ピータバロ」「ピータバロ2~12番目の肖像画」の番外編です。前作2編とは登場人物も時代も雰囲気も全く違いますが、3話目に繋がるキーワードも含めたお話です。

ピータバロ3 贋作者のテクニック

表向きは名のある美術学校、裏では学校ぐるみの窃盗団のピータバロ・シティ・アカデミアの専属画家となったキース・L・ヴァンベルト。彼の前に差し出された1枚のフェルメールの絵。どうやら、その絵の中には、観覧者の少年が入り込んでしまっているらしい。キースは生意気だけど、アイドル並に可愛い、シティ・アカデミアの生徒、ミルドレッドと、この絵の持ち主の画商の館に出向いてゆくのだが……。

ピータバロ4 
Last Touch 最後の仕上げ


イギリスの小都市、ピータバロ。その町にある、名門だが、学校ぐるみで美術品の窃盗団、ピータバロ・シティ・アカデミア。セレブなお嬢様の生徒、ミルドレッドに才能を見込まれた青年画家、キース・L・ヴァンベルトは、学園をまともな場所にするために、その専属画家になるのだが、頼みのミルドレッドは、海外に遊学に出たまま、姿を消してしまっていた。そんな彼の前に突然、彼女が中東の王族と一緒に現れて……。
 チャイニーズマフィアや、幽霊の少女や連続殺人犯までが加わって、物語はてんこ盛りのややこしさに……。キースと、相棒の中型犬、パトラッシュの運命は? ピータバロシリーズ、完結編。


 ピータバロの登場人物 大天使ミカエルの庇護をうける闇の輩 イヴァン・クロウ
     
ivan.jpg


* *


余罪のタイムライン PM2:22の事件簿

http://ncode.syosetu.com/n6494bu/ (小説家になろう)



あらすじ

『万引依存症』
精神科医を志望し、都内でも有数の総合大学、T大医学部に在籍していた桐沢迅(きりさわ はやて)は、ひょんな事からこの悪癖に苦しんでいた薬学部の坂下由貴(さかした ゆき)のリカバリーアドバイザーを引き受けることになる。
だが、迅は由貴の症状が治まると、突然大学を休学し山に篭ってしまう。

心の支えを失くし、大学の購買部で再び繰り返してしまった万引きの現場を芸術学部の藤野香織(ふじの かおり)に携帯で撮影され、当惑する由貴に助け船を出したのは、迅の高校時代の同級生でもあり、T大芸術学部で香織とともに将来を嘱望されたバイオリニストの山根昭(やまね あきら)だった。由貴は彼にとって、普段女の子には目もくれない桐沢迅が親しくしている気になって仕方がない存在だったのだ。
昭は、ぶっきらぼうなのに人望があり、授業もろくに受けないわりには成績も優秀な桐沢迅を親友として慕う反面、疎ましく思う気持ちを心に秘めていた。そして、T大にはそれと同種の気持ちを彼に持たせてしまう、もう一人の人物がいた。

闇雲(やみくも)つばさ 13歳。
『ギフテッド』
それは、早期教育などの訓練を経ないで、生まれながらにしての才能に恵まれた天才児のことを言う。

「そう、僕は、第一楽章から第三楽章まで一音たりとも逃さず弾く自信がある」

バイオリンの並々ならぬ力量を認められ、T大に超飛び級で入学した桐沢迅の義弟―闇雲つばさ―に、山根昭がたった一度だけ聴かせたオリジナルのバイオリンソナタ。
それを瞬時に暗譜し完璧に弾きこなしてしまった、この天才少年に昭は羨望と嫉妬の眼を向けざるを得なかった。ところがそんな昭に対し、自分が師事していた世界的なバイオリニストの座を奪われた、藤野香織もまた複雑な感情を胸に抱いていたのだ。

其々が、其々の苦い思いを心に秘めながら昭の父が経営するチェーン店の回転寿司屋で催された、仲間うちだけでのコンサートの打ち上げ会。
そこで、山根昭の食べた寿司に混入されていた致死量のアジ化ナトリウム。

“打上げ会に参加した仲間の中に、昭への毒物混入犯がいる”

親友の昭を意識不明の重体に陥らせた毒物混入犯に憤り、その正体を暴くため桐沢迅は、巧妙な推理劇を仕組んで真相の告白に犯人を追い詰めようとする。
だが、推理劇の間に彼が見せた、あまりにも普通とかけ離れた行動の数々に不審感を持ってしまった― ギフテッド ― 闇雲つばさは、義兄の迅がひた隠しにしてきた彼の過去を探り出し愕然とする……。
     

マウリッツハイス美術館展へ行ってきました


「絵画の宝石箱」とも称えられる、オランダのマリウッツハイス美術館。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をはじめ、ルーベンス、ライスダール、ブリューゲルなど、今回はその中からの48点が日本にやってきたというで、上野の東京都美術館に行ってきました。

「真珠の耳飾りの少女」ばかりが大きく宣伝されていましたが、今回の美術館展は、17世紀にオランダを中心に描かれたフランドル絵画の珠玉の作品を集め、会場を6つのテーマに分けての展示がなされていました。
その中でも私の印象に残った作品を挙げてみると、

第1章 美術館の歴史 これはマリウッツハイスの町や何やらだったので飛ばします(笑)

第2章 風景画

ヤーコブ・ファン・ライスダール
「漂白場のあるハールレムの風景」





オランダ屈指の風景画家、ライスダールの風景画。彼の特徴である広い空とそこに広がる雲が壮観でです。パノラマの風景に興味があったライスダールはこの手の作品を沢山残していますが、遠くにそびえる教会とハールレムの特産の麻布の漂白場は当時の産業の様子をみごとに描きあげています。


第3章 歴史画

ヤン・ブリューゲル(父)とヘンドリック・ファン・バーレン
「四季の精から贈り物を受け取るケレスと、それを取り巻く果実の花輪」




色彩も豊かで華やかな彩りの中にも高貴さをたたえた絵でした。ケレスとは豊穣の女神。数多くの画家を出したブリューゲル一家の中でも”花のブリューゲル”とも呼ばれたヤンと神話画の名手バーレンの共同制作による作品です。

ペーテル・パウル・ルーベンス
「聖母被昇天(下絵)」



「光と闇の作家」と呼ばれたルーベンスの作品です。下絵ながら、ほとんど完成形と呼んでもよいくらいの美しい絵でした。亡くなった聖母マリアが天に昇ってゆく姿、その表情は官能的でさえあって、鑑賞者の目をひきつけずにはいられません。また、ルーベンスはこの絵の完成直後に妻をペストで失くし、中央ですこし斜め下を見ている女性の顔を妻の顔に描きかえたそうです。

ルーベンスが描いたこの下絵とは別で1番有名なアントワープ大聖堂の「聖母被昇天」をあの「フランダースの犬」の主人公ネロが毎日眺めていたのです。天使に支えられて天に昇ってゆくマリア様(自分で昇ってゆくわけではないので”被”昇天)をネロは憧憬の想いを抱きながら観ていたのでしょうね。

第4章 肖像画と「トローニー」

ヨハネス・フェルメール
「真珠の耳飾りの少女」




お待たせしました(笑)意味ありげな瞳でこちらを見据える真珠の耳飾りの少女。他の絵も素晴らしいですけれど、この絵の持つオーラはやはり他とは違いました。「天空の欠片」と呼ばれた宝石のラピス・ラズリを砕いて創り出したフェルメールブルーで描かれたバンダナ。それと対照的な暖色のイエロー。色彩の輝きは他を圧巻しています。

私が行った日は金曜日の夕方だったので、比較的、並ばずにこの名画を鑑賞することができたのは、ラッキーでした。

宣伝が大きくなってしまっていますが、「真珠の耳飾りの少女」のモチーフになっているかもしれない絵があることをご存知の方は、会場には少なかったのではないでしょうか。その絵というのは、

グイド・レーニ作といわれている
「ベアトリーチェ・チェンチ」の肖像画です。



ベアトリーチェは、イタリアの貴族の女性。ローマで起こった父親殺しの裁判の主役として知られていますが、この肖像画は死刑になる一日前の表情だといわれています。フェルメールはすべてを諦めたような表情のこの肖像画に触発されて、この絵をモチーフに「真珠の耳飾りの少女」を描きあげたそうなのですが、とても哀しい背景があったのですね。

第5章 静物画

カレル・ファブリティウス
「ごしきひわ」



他の絵とは趣が違った可愛い小鳥の絵でした。
鳥が止まった止まり木は、まるで、こちらへ飛び出してきそうな感じがしました。もしかしたら、トリックアート的な意味合いで描かれた絵かもしれないそうです。

第6章 風俗画

ヤン・ステーン
「恋わずらい」



この絵はユーモラスで何となく好きでした。

医師の服装は時代遅れで、偽医者。少女が罹っているのは身体の病気ではなく、恋の病。偽医者と詐病、そんな皮肉をこめて描かれた作品。

ヤン・ステーン
「親に倣って子も飲もう」



この展覧会で一番大きな絵でした。大酒を飲んで馬鹿騒ぎをする親とその真似をしてタバコをくゆらす子供。これも親が子供の悪い例になってしまうということを戒めた作品。当時の風俗画はこういった訓戒の意味を込めた作品が多かったようです。物欲しげに人間たちを見上げる犬の表情がおもしろいです。上の絵「恋わずらい」に出てくる犬と同じ種類なのかな。


*おまけ

美術館展の宣伝のために女優の武井咲さんが着た「真珠の耳飾りの少女」の衣装



おみやげの「真珠の耳飾りミッフィー」…欲しかった。



上野公園の派出所 デザインがお洒落。さすが、美術館が多い場所の交番!




この美術館展へ行く途中の国立西洋美術館で開催されている「ベルリン国立美術館展」では、別のフェルメール作品「真珠の首飾りを持つ少女」が見れるそうですし、上野の森美術館では「ツタンカーメン展」もやっているそうで、観たいものばかりで困ってしまいます。ああ、誰かタダ券くれないかな(笑)
季節も秋に変わりますし、芸術を鑑賞するにはいい気候になりますよね。










プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。