スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

宝塚 初観劇 「モンテクリスト伯」


5/19(日)東京宝塚劇場に宝塚歌劇を観に行きました。人生初の宝塚体験です
かつて、ベルサイユのばらで一世を風靡した時に、行きそびれてから幾歳月か……やっと希望が叶いました。

    130519_145014.jpg     130519_172526.jpg

今回の演目は、宙組公演の「モンテクリスト伯」とレビューの「Amour de 99!!-99年の愛-」

revue_img.jpg


 ストーリーはこんな感じです。
「モンテ・クリスト伯」は、「岩窟王」としても知られ、あの「三銃士」でも有名なA・デュマの名作。19世紀初頭のフランス、若き一等航海士エドモン・ダンテスは、美しき婚約者メルセデスとの結婚も決まり幸せの絶頂にあった。だが彼に嫉妬する人物によって身に覚えのない罪を着せられ、孤島の監獄に投獄される。そこを脱獄後、ダンテスは、モンテ・クリスト島の財宝を手に入れ、モンテ・クリスト伯爵となり、彼を絶望のどん底におとしめた人々に復讐を開始する。

 キャストです。主人公のダンテスとメルセデス以外は総じて悪役という舞台でしたが、このポスターの下段の悪役、ダングラール、ベルツッチオ、フェルナンの3人組が揃い踏みした場面が、皆さん長身で声にハリがあって、目茶目茶、かっこ良かったです。どの方にも私は全く事前の知識がなく初対面でしたが、それもけっこう新鮮な驚きがあって良かったのかも。

cast.jpg

「モンテクリスト伯」の原作は読んだことがありませんでしたが、今回の宝塚公演では、劇中に現代の子供たちに「モンテクリスト伯」を解説する先生の説明が入ってきたりで、19世紀のフランスの雰囲気にどっぷりと浸りたい方は、ちょっと違和感があるかもしれません。濃厚な舞台演劇を望む方には軽すぎると思う人もいるかも。
 ただ、この解説が入ることで、物語の展開を早く分かりやすくしているのは確か。若いファンにも親切な舞台だなと思いました。最後まで飽きさせず、軽い笑いもあり、モンテクリスト伯とメルセデスの愛も描かれていて、素敵度は高かったです!

monte3.jpg

monte2.jpg

img_1818659_67687564_0.jpg


ポスターのキャッチコピーにもある「私から憎しみを奪うな。たった一つの生きる証なのだ」の台詞(劇中歌の歌詞にもありました)が、すごく効果的に使われていて、うっとり。

「待て、そして希望せよ !」
 これは、原作のラストシーンの有名な台詞ですが、”辛い時こそ待って絶望することなく 希望をもて”という、この作品のメインテーマが、宝塚の華やかさによって、彩を添え、舞台を引き立てていました。

 そして、レビューの「Amour de 99!!-99年の愛-」は、豪華、優美、夢の世界を彷彿させる本当に煌びやかな舞台でした。
 これは、99年という長い歴史の中で、これまで宝塚歌劇が繰り広げてきたショー、レビューの名作、名場面の再演を盛り込んだ、華麗なステージ。
 宝塚ってほぼ1世紀に渡る歴史をもっているんですね。それにも驚かれます。
 1時間ほどのレビューの中で私が一番、好きだったのは、男役さんが手に紅い薔薇、タキシード姿で階段で踊るシーンでした。これに惚れなきゃ女じゃないよ!(笑)そこはかとなく妖艶さが漂うのは、女性が演じる男役ならではの色気なのでしょうか。独特の世界に酔いしれました。
 また、別のシーンで歌が圧巻の役者さんがいて、何? この歌唱力!?と、面喰ってしまいましたが、この役者さんは、美穂圭子という方で、組ではなく特定の組に所属しない一芸に秀でた生徒の集団である”専科”という組織の人だそうで、そういう人もいるのかと驚いてしまいました。色々と知ると面白いものですね。

009_01.jpg
2013031622182681a.jpg

007_01.jpg555962_330193883749598_1709038505_n.jpg

「モンテクリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」ともに宝塚歌劇の”王道中の王道”という感じでまさに観て魅せられた! そんな宝塚初体験でした。意外と男性客も多く、オタクっぽい人もいて、オペラグラス片手に女役に見いる姿には、AKBファンと同じようなノリだなと、ちょっと引いた(笑)
聞いた話では、演目によって客層も色々と変わるそうです。日本の戦時中の話などだと、年配の男性客が増えるとか。男性客といえば、手塚治虫さんも宝塚の大ファンで、”リボンの騎士”はその影響を受けて描いた作品と聞いたことがありました。
最近では「銀英伝」「BJ」「戦国BASARA」など、新しい演目も次々と上演されているようなので、次は応用編? の舞台も観てみたいです。

おまけの映像。
宝塚劇場で販売されているお土産です薔薇の形のクッキーなどもありましたよ。

9e08b08e.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

金土日館 岩田専太郎作品~常設館


 金土日館は、その名の通り、金曜、土曜、日曜日にしか開館しない、挿絵文化の先駆者として一世風靡した岩田専太郎の作品が展示してある小さな美術館です。


 岩田 専太郎(いわた せんたろう)(1901年6月8日 - 1974年2月19日)とは、1926年(大正15)より『大阪毎日新聞』に連載の吉川英治作『鳴門秘帖(なるとひちょう)』の挿絵を担当して、一躍人気画家となった画家です。
特に官能的な女性画像を得意とし、新聞や雑誌の小説の挿絵を手掛け、かたわら本格的な日本画も描き、美術考証家としても活躍しました。

その金土日館に、ちょっと立ち寄ってみました。
一見すると、普通の民家のようで、扉を開くのに多少、戸惑うかもしれません

ie.jpg t02200165_0800060011541536287.jpg130517_123840.jpg



扉を開けば、そこはこじんまりした展示館です。受付の女性の案内で靴からスリッパ(これが可愛い)に履き替え、ソファに座って、まずは7分ほどのプロフィールや作品の説明などのビデオを見せてもらいます。
 私が訪れたのは、金曜日の12時過ぎでしたが、この日は、客は私一人だったので、広いソファを独り占めで、優雅な気分だけど、ちょっと異空間にはまり込んだなって感じでした。


 展示室は、このソファがあるエンタランスルームの他に地下と2階がありました。ここには、専太郎の絵の他の日本画なども展示されていました。

v2.jpg


エンタランスルームの壁にぐるりと掛けられた美人画は、優美で、香るような色気が漂うようで、すごく素敵でした。表情がたまらなくいですね。
07.jpg    瞳    l_00025483IMG1.jpg

      湯あがり                     瞳                     稽古帰り

くれない   お酌    スカーフ

        くれない                   お酌                   スカーフ


    23007000024.jpg
     岩田専太郎と奥さん。どことなく絵の女性と似ているような。



美人画の他には新聞小説に掲載した挿絵が、当時の新聞と一緒に展示してありました。
新聞に掲載された絵より、原画の方が大きく、鮮明で見ごたえがありました。挿絵というよりきちんとした1枚の絵といった感じでした。

   挿絵の書き方

    「挿絵の書き方」という本の挿絵 素敵! この横顔! すごく好きです。着物の模様も綺麗ですね。
 今でいう、イラストの書き方って感じの指南書なんでしょうか。中身も読んでみたかったです。


       20100727143917.jpg

          『江戸無情』(新潮社、昭和38年)



                    20100727143916.jpg

                    『江戸無情』(新潮社、昭和38年)


                   20100727150239.jpg

                   『春色江戸巷談』(講談社、昭和41年)


 岩田専太郎が残した名言にこんなものがありました。

  「きのうは過ぎ去ってもうこない。あすはまだ来ない。今日があるだけ。」

 刹那的で、心にぐっとくる言葉ですね。また、僕の絵は芸術ではないので、ただ書きまくるだけというような言葉も残されていました。今なら、専太郎の絵は胸を張って芸術と言えるだろうに、当時の芸術の概念って、随分、狭かったのだなと思ってしまいました。村上隆のフィギュアが数億円で取引される今の時代に岩田専太郎が生きていたら、一体、彼はどんな絵を描いたかな? ちょっと、それを見てみたくなってしましました。


金土日館

http://www.kindonichikan.com/about/index.html

東京都文京区千駄木1-11-16
最寄駅千駄木駅から徒歩約5分

営業時間午前10時~午後5時
(入館は4時30分まで)
定休日月~木曜日、夏季、年末年始
入館料 一般    600円
    小・中学生 300円

map.gif

     

清明神社に行ってきました


4月29日に大阪の実家からの帰りに京都に立ち寄ってみました。目的地は、以前から1度は行ってみたいと思っていた、清明神社です。

晴明神社で祀られている安倍晴明公は、(延喜21年1月11日〈921年2月21日〉 - 寛弘2年9月26日〈1005年10月31日〉)は、言わずもがなの陰陽師ですが、平安時代では、最先端の学問(呪術・科学)であった「天文道」や占いなどを、体系としてまとめた陰陽道に関して、卓越した知識をもっていたとされます。今日、私達の日常生活の基準となる年中行事や、暦術、占法は皆この時に創られたのですが、安倍清明の事跡は神秘化されて数多くの伝説的逸話を生んでゆきました。


晴明神社は晴明公の屋敷跡であり、天文陰陽博士として活躍していた拠点であった場所です。



この日に、私がとったルートは、

まず、地下鉄烏丸線、今出川駅から出て、同志社大学や京都御所の横を経由。
同志社大学 綺麗な学舎! いい環境ですね~。 
   130429_153754.jpg

徒歩12分くらいの場所に、清明神社は建っていました。

accesmap_img1.gif




安倍清明神社 一の鳥居。
トレードマークの桔梗印(五芒星)に出迎えられて、
感慨もひとしおです。鳥居にこのような家紋が入れられていることって、
非常に珍しいそうです。確かにここだけ異彩をはなっていました。
    130429_151548.jpg    130429_150146.jpg

本殿です。この奥に清明公が祀られています。
右側にあるのは厄除桃。この桃に厄撫でつけて、厄を払えるそうです。そういえば、延々とこの桃を撫でつけ続けているおばさんがいました。そんなに厄を持っていたのかな。


神社内は、意外と小さな敷地でしたが、観光客が大勢いました。
タクシーで乗り付けてくる客もいたりしました。

130429_150222.jpg

これは、神社の北にある晴明井といわれる井戸です。ここから湧く水は晴明水と呼ばれ、晴明の陰陽道の霊力より、湧き出たといわれ、無病息災のご利益があるといわれています。
この井戸は五芒星(晴明紋}を描き、その取水口がその星型の頂点の一つにあり、立春には、晴明神社の神職がその晴明井の上部を回転させ、その年の恵方に取水口を向けるのが、慣わしとなっています。
今年の恵方は……南南東

   130429_151242.jpg   
               取水口が南南東を向いていますね。

この他にも、日月柱、千利休屋敷跡を記した石碑、御神木(推定樹齢300年)
四神門(当時は朝廷の使いなどが晴明邸を訪れると、誰もいないのにこの門が開き、門からでるとそれがまた勝手に閉まったそうです。今は、電動で午後6時くらいに閉まるそうです。きっぱりとHPに”電動で”って書いてあるところが(笑)

とはいえ、清明公にまつわる逸話には、心魅かれるものが多いです。清明神社の中の顕彰版には、そんな逸話の中から10個を選んで掲示がされていました。例えば、

これは、その中の一つ「宇治拾遺物語」(巻十一 三)127晴明、蛙殺す事からの逸話ですが、


 *若い僧たちが晴明に、

「式神を使うそうですが、容易く人を殺す事ができますか?」

 と、尋ねたところ、清明は、こう答えました。

「容易くは殺せません。気力を込めれば殺せるでしょう。だが、私は、生き返らせる術を知りません。ですから殺生の罪を犯すことになるので無益なことです。」

ちょうどその時、五、六匹の蛙が庭に出てきて、池の方へ飛び跳ねて行きました。 若い僧たちは言いました。

「もし、おっしゃってることが本当なら、試しにあれを殺して見せてはくれませんか。」

 若い僧たちがそう言うので、晴明は答えました。

「罪つくりな御坊方ですね。しかし私の術の力を試そうとしているのですから、殺してみせましょう。」

 晴明は、草の葉を摘み切り、呪文を唱えて蛙の方へ投げました。
 すると草の葉は、蛙の上にかぶさり、その途端に蛙は真っ平にへちゃげて死にました。
 これを見ていた僧たちの顔色は変え、晴明のことをとても恐ろしく思ったそうです。*



 また、他にもライバルの蘆屋道満との法力対決で、ミカン15個をねずみに変えて、みごとに勝利したという話もありました。晴明は必ず相手の術を読み、その上をゆく技を返す事で(「呪詛返し」の術)勝利を得ています。それは、並大抵の術使いでは出来ないことだそうです。また、清明は式神という僕(しもべ)使いでもあり、京都・一条通りを横切って流れる、堀川の上にかかるこの橋。 「あの世」と「この世」をつなぐとされた、一条戻橋の下に2匹の式神を飼っていたとも言われています。

現在の一条戻り橋
ichijo2.jpg


せっかくですから、授与所でお守りなども買ってしまいました。私が買ったのは、これっ。

みずかがみ守  絵馬       ステッカー
charm_img8.jpgcharm_img4.jpg    charm_img11.jpg

このステッカー、良いでしょう。車やバイクなどどこにでも貼れる魔除ステッカー(まよけすてっかー)だそうです。赤・青で一組。家の門柱、玄関、車、バイク、ヘルメットに。車に張る場合は追突しない為に前に、追突されない為にリアにお張りください。色は、どちらに貼られてもかまいません。 と、説明書き付き。清明公の守りは強いぞ。


清明神社の詳しい説明は、このHPにあります。

清明神社のHP

巫女さんの音声つき動画もあって、なかなか興味深いです。今の流行がかなり反映されたHPですが、それはそれで、良かったです。実際に清明神社の前に立った時に感じた平安の陰陽師の気配は、まぎれもない本物。そう思わせる風情は十分にありましたよ。


安倍清明                         安倍清明と蘆屋道満
79-1328248992_249.jpg    ADohman102.jpg

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

両国 ちゃんこ寺尾


5/3に相撲の殿堂、両国国技館近くにある”ちゃんこ寺尾”にちゃんこ鍋を食べに行きました。
長年、相撲部屋なども沢山ある地域に住んでいるわりには、ちゃんこ鍋屋に行くのは初めてです。

今回は、今の錣山親方、元寺尾関のお兄さんの店という”ちゃんこ寺尾”へ行ってみました。寺尾関といえば、まだ、現役時代に黒の皮ジャンを着てチャリンコで両国を走る姿を見たことが! 颯爽としてかっこ良かったなぁ。お相撲さんにしては小柄な方でしたけど、イケ面だった。

ちゃんこ寺尾のURL

     店の入り口です。

     130503_111725.jpg       sai7s.jpg

今回は、5人でのランチ。
店内はそれほど広くありませんが、綺麗です。壁には寺尾関のかっこいい写真が!


そして、いかにも、お相撲さんって感じの店員さんが中に案内してくれます。余計な愛想は振らないけれど、応対は丁寧。今回、行ったメンバーに、お相撲さん体型の人がいて、座るのに狭そうにしていたら、すぐに座布団を持ってきてくれました。これを背にあてて座るのが、お相撲さんの座り方ってことで、かなり楽になったみたいです。(俺はお相撲さんかいって、その人は苦笑してましたが)

今回は、塩ちゃんこと味噌ちゃんこをいただきましたが、一人前でBセットは、1,500円で、かなりお得な感じがしました。だしは魚の味がよく出ていて、特に中に入っていた肉団子が美味しかったです。男性だと量的に少ないかもしれないので、サイドメニューが必要かも。

ランチのBセット

130503_115333.jpg



ちゃんこ鍋+うどん、中華麺、雑炊+ワンドリンク又はデザート
(お好きなお味と麺、またはご飯、ドリンク、デザートを選べます)
1,500円
※飲物:オレンジジュース、ウーロン茶、アイス緑茶、コーラ、コーヒー、紅茶(ホットorアイス)

※デザート:バニラアイス、抹茶アイス、杏仁豆腐、シャーベット



店までの地図です。両国国技館は歩いて3分ほど。近い!

   map.jpg


帰りには、ちゃんこ寺尾の近くの国技堂で、名物のあんこあられを買って帰りました。塩味のおかきに、ほのかな餡子の味がよく合って、とても美味しいんですよ。

     o0640048010821179375.jpg      130505_222556.jpg
     

旧安田楠雄邸


旧安田楠雄邸を見学に行ってきました。この建物は「豊島園」の創始者である実業家・藤田好三郎氏が大正8年(1919)に建築したもので、旧安田財閥の創始者、安田善次郎氏の娘婿・善四郎氏が大正2年に買取り住んでいた場所だそうです。

2161940_1644075670_30large.jpg


旧安田邸は、大正時代から昭和初期の東京山手の庭園と住宅の雰囲気を伝え、貴重な価値があるとして、平成10年、東京都の名勝に指定されています。
一般観覧は、水曜日と土曜日だけですが、ちゃんとボランティアのガイドさんがついて、部屋の1つ1つを丁寧に説明してくれます。時間は約40分、拝観料は500円です。


まず、最初に案内されるのが応接間。柱はすべて、くるみの木をつかい、いかにも大正ロマンなデザインの家具や照明具にため息がでそうです。

e0189354_21422627.jpg


下の上の写真は、和室の天井の一部です。凝った造りですね。下の模様の入ったガラスは当時流行った製法で、ガラスがまだ熱いうちに膠(にかわ)を塗って、後でそれを洗うと、このような模様ができるそうです。
2161940_1644082135_179large.jpg
2161940_1644074607_222large.jpg


サンルームも素敵でした。けれども、この部屋の出口あたりの床を剥がすと、防空壕への隠し階段があったり、時代を感じさせます(公開時期がきまっています。8月)
窓辺に話を戻すと、旧安田邸は、主要などの部屋からも春はしだれ桜、夏は新緑、秋は紅葉と季節の花々を楽しむことができます。優雅だ。桜の季節には庭で琵琶の演奏会も開かれるそうで、それを目当てにやってくる観覧者もたくさんいるとか。

2161940_1644075669_173large.jpg2161940_1644082128_56large.jpg

2161940_1644082130_167large.jpg



季節といえば、茶室と付け書院のある部屋の床の間には、三月、五月にお雛様、五月人形が飾られます、それも特注モノで床の間にぴったりのサイズに仕立てられているそうです。さすが、財閥! 五月人形の飾りの太刀は本物の刀鍛冶に鍛えてもらったものだそうです。けれども、刀が実際に切れるようになる直前で作業を止めるそうです。切れてしまっては銃刀法に違反するだからだそうです。
   130301_120400.jpg130502_121443.jpg  

 この床の間に雛人形と五月人形が飾られます。

2161940_1644082143_191large.jpg
  



興味深かったのは、台所の屋根。天上がサンルーフになっていて、とても明るい部屋に仕上がっています。台所の床をはがすと、収納庫もあって色々と工夫されてるな。ちなみに建造は清水建設だそうです。

2161940_1644075156_198large.jpg

その他にも、お風呂場に当時の髪の長い女性用の洗髪台があったり、ガイドさんの説明も面白くて、あっという間の40分間でした。



旧安田邸の見取り図
2161940_1644082144_213large.jpg


季節によって、色々とイベントも企画されていますし、お抹茶を戴けたりもするので、楽しみが沢山ありますね。

旧安田楠雄邸
公開日時:水・土曜日 10:30~16:00 
必ず靴下をご着用下さい。
場所 千代田線千駄木駅 徒歩7~8分

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。