乗鞍岳に行ってきました



 乗鞍岳は、岐阜県と長野県に跨がる標高3026mの日本で19番目に高い山で、日本百名山の1つでもあります。にもかかわらず、標高2702mの畳平までバスで行けるという何てオイシイ山! これは、ヘタレだけど、山好き人間にとっては出かけないわけにはゆかない。 というわけで、 8/16(日)~8/17(月)の日程で乗鞍岳に行ってきました。
 
       そうだ、乗鞍


 スタート地点は東京の新宿駅で交通機関は電車とバスを使用しました。

 最初の予定では、16日は登山はせずに乗鞍高原の名所の三滝(善五郎の滝、三本滝、親子滝)などをゆっくり探索して、乗鞍観光センターで一泊し、17日にご来光バスに乗って畳平でご来光を見てから乗鞍岳の最高峰、剣が峰を目指すという計画でしたが、天気予報をみると17日は雨
 急遽、予定を変えて16日に登山をすることにしました。

 8/16(日)は、お盆も最終日ということで人混みも一段落し、快晴の登山日和でした。
 ……が、新宿駅発で一番早く出発する午前7:00のスーパーあずさ1号に乗ってもJR松本駅で降車してから、乗鞍岳の登山口のある畳平(標高2702m)に到着するのに電車やバスを乗り継ぐと、午後1時頃になってしまうのです。
 観光センターへ戻る最終バスの時間が、夏は午後5時5分ということを考えると、登山開始から下山まで時間的にちょっと余裕がないなという感じがしました。


【今回使ったJR新宿駅から乗鞍岳登山口、畳平までのルート & 割安チケットの入手方法(H27年度夏ダイヤ)】

JR新宿駅7:00発 → JR松本駅9:39着 (中央線特急 スーパーあずさ1号) 
大人片道、¥6,896


松本駅10:10発 → 新島々駅10:40着(松本電鉄)大人片道、¥700                             
新島々バスターミナル10:55発 → 観光センター前11:42着(アルピコ交通バス 新島々~乗鞍高原線)大人片道、¥1,300
  
アルピコ交通バス 新島々~乗鞍高原線 時刻表
routemap[1]


観光センター前 12:00発(アルピコ交通バス 乗鞍高原~乗鞍山頂線) → 乗鞍山頂畳平12:50着 
 大人片道、¥1,450


アルピコ交通バス 乗鞍高原~乗鞍岳山頂線 時刻表

routemap[2}



 *注 時刻表には春、夏、晩秋ダイヤがあります。また、ご来光を見るための”ご来光バス”も観光センター前から出ていますが、どのダイヤもA:晴れの日ダイヤ、B:雨の日ダイヤで時間や出発の条件が違っているので注意が必要です。

 こうして調べてみると、鉄道やバスの運賃ってけっこうかかってしまいます。けれども、各交通機関では、お得な割引チケットが用意されているので、それを利用すればかなりの経費節約をすることができます。
 例えば、JR中央線特急は新宿→松本までの運賃が、¥6,896となっていますが、JRの”えきねっと”に登録し、”お先にトクだ値”を使って予約すればこの値段が35%オフになります! ただし、座席数が限られているので格安チケットは発売日初日でないと、取りにくいし(けっこうな争奪戦)、そして、普通に取るチケットより色々と制約が多いです)

お先にトクだ値とは?

 また、JR松本駅から乗鞍畳平までは、松本電鉄とアルピコ交通のバスをが2日間乗り放題、¥5,150の
2Dayフリーパスポートを入手すれば、かなりお得です。

2day_t.jpg

 前置きが長くなってしまいましたが、松本駅に降り立ってからは、さすがは観光地! 各交通機関の接続時間はきちんと観光客の移動のことを考えて設定されていますし、駅やバス停の係員さんの案内もすごく親切で、迷うことはまずないと思います。


 さて、ここからは、登山のことを書きましょう。
 午後1時に登山口の畳平に到着してから、あらかじめ買っておいたおにぎりを食べて登山口に向かいました。畳平にはレストランもありますが、なんせ午後からの登山なので、時間がありません。

       150816_131357.jpg
    畳平、鶴が池が見えています。看板の右側に登山口への道があります。

        norikura_map.gif

 鶴が池を左に眺めながら大黒岳への道を進みました。約10分で富士見岳の麓に着きますが、ここは上に登らずに下の道を行きました。この辺りは舗装された歩きやすい道なので、辺りの風景や植物を眺めながらゆっくりとハイキング気分です♪
              
2
 この雪渓を抱いた池が、不消ヶ池(きえずがいけ)で、一年中、雪が消えないという意味からこの名がついたようです。雪渓の裾がコバルトブルーに輝いています。すごく不思議な色なのです。

         150816_133214.jpg             3.jpg
        高山植物の女王と言われるコマクサが沢山咲いていました。
        かわいいピンクの花です。

 この道を20分ほど歩くと、富士見岳を降りた場所との分岐道に出ます。摩利支天岳へは向わずに左側の道を進み、乗鞍岳の最高峰、剣が峰への登山口を目指すのですが、この途中に左に見えてくるのが大雪渓で、スノボーをしている人たちがいることに驚いてしまいました。そういえば、新島々から畳平に来るまでのバス道(けっこうな山道)を自転車で登っている人が何人もいました。リアル弱虫ペダル! 信じられないくらいの体力だ!

              150816_134943.jpg
              この大雪渓でスノボ! 信じられん。

                   kenngamine 縮小
    剣が峰への登山口です。ここからはけっこうなザレた岩道で、ガイドブックなどでは、スニーカーやトレッキングシューズでも大丈夫と書いてあったりもしますが、あれは嘘だと思ってた方が無難。しっかりした登山靴でないとかなり苦労すると思います。ここから頂上の剣が峰まで、だいたい50分ということでしたが、ここに来るまでに景色を楽しんだり、写真を撮ったりで時間を使いすぎたことで、後で大焦りすることに

 とはいえ、上にゆくにつれて眺めはますます絶景になって、ため息ものの壮大さと美しさでした。

 登山口からしばらく登って右側(山頂の西側)に見えてくる池は権現池です。この池は、高天ヶ原火山体の活動終期に形成されたコバルトブルーの火口湖で、御嶽山のニノ池に次いで日本で2番目の高所にある湖沼だそうです。鏡のような表面が神秘的で、何だか素敵ですね。この日もお日様の光を受けて、水面がきらきらと輝いていました。

150816_155427.jpg

gonngennike 縮小

 しかし、思っていたより剣が峰への道は険しかったです。気温も上にゆくほど急激に下がって風も強くなります(この日は10℃~13℃くらいでした。汗をかいた後に風を受けると本当に体が冷えてヤバいです。着替えとウィンドブレーカーは絶対に持ってゆきましょう)事実、スニーカー履きで軽装の若い男の子は靴の底がとれてしまって、こんなはずじゃなかったって顔をしてました。
 少し登っただけで、息もきれるし、空気の薄さを実感しました。いくら楽に登れると銘打ってあっても、さすがは3000m級の山。ナメてたらあかんぜよ!

7.jpg

 真正面に薄く見えているのが、焼岳2455m。その手前が上高地です。お天気が良ければ、焼岳の後ろに槍が岳が見えるそうですが、この日は雲に隠れていました。しかし、乗鞍岳からの景色って空気までがブルーに染まっているような透明な蒼色をしているんですよね~。この不思議な美しさは3000mの高さでしか味わえないものなのかも知れません。

  登山 修正版
  つかれた~一休み

  上に頂上っぽいピークが見えてきて、やっと剣が峰か!?と思いきや、これは蚕玉岳(こだまだけ)↑剣が峰はここからさらに登ること30分です。


  そして、やっと見えてきました。これが剣が峰↓ ひゃ~っ、あの頂上まで登るの!?って叫びたくなるくらいの絶景です。山の上に天照大神などを祀った乗鞍本宮のお社が見えますね。早く登ってお参りせねば。
 それにしてもお天気のいいこと。空が真っ青でした。
            剣が峰 縮小

 剣が峰に到着した後には、乗鞍本宮にお参りもして、頂上からの景色にしばし見とれてしまいました。権現池のコバルトブルーといい、乗鞍岳の空気は本当に”蒼”。この色は同じ3000m級でも、富士山とはまた違う透明さです。

                 150816_150804.jpg 


                150816_131819_ed.jpg


 


         乗鞍縮小
          ブルーに染まる乗鞍岳、
         
 
 乗鞍本宮にも参ったし、そろそろ下山の時間です。
 剣が峰への道をナメていたせいで、登りに結構、予定よりも時間がかかってしまいました。宿舎がある観光センターへの
 バスが出る最終時間は午後5時5分(秋ダイヤでは午後4時5分)です。懸命に大岩の下山道をとにかく大急ぎで下りてゆきました。ひぃひぃ言いながら、登山口まで降りると、そこにある山小屋で一泊されるのでしょうか、初老の男性がベンチに一人、座って
落ちる夕陽を悠々と眺めていました。
 この日は珍しく午後になっても霧が上にあがってこないで、夕陽に照らされた乗鞍岳も綺麗でした。……がしかし、もうカメラを向けてる時間はないのだ。ば、バスが出る~。
 そこから先は舗装された道なので、とにかく、畳平のバスターミナルに向かって、歩く歩くっ!! 下にはその建物が見えているのですが、富士岳分岐に着いた時が、午後4時45分。

     畳平 バス       img_0.jpeg

   超急いだ下山ルートです。(といっても登りと同じですが)目標の建物が目に見えているだけに、遠く感じる。
   結果は、なんと、5時4分。最終バスの出発時間の1分前にターミナルに到着できました!!
   係員のおじさんに、「観光センター行きのバスに乗る?」と尋ねられて、即座に「乗りますっ!!」と答えて、バスに乗り込みました。下山での時間の戦いは疲れましたが、お天気は終始快晴で、素晴らしい景色も堪能できて、乗鞍岳は最高の山でした。

 ***
 宿舎は、乗鞍観光センターのバス停から徒歩2分の「ペンションサウスコル」でした。
 アットホームな造りで、美味しいごはんと、白湯の天然温泉があります。
 料金も1泊、ツィン、夕食のみコースなら大人2人、¥16,800でリーズナルブルで、客室の雰囲気もよくベッドの寝心地も良かったです。

 ペンション  ホテル

               m0433500100014.jpg
   おいしそうな夕食。特に特製のグラタンは濃厚なチーズ味が最高。……が、ここで予期せぬ悲劇が! 何と山酔いしました(下りで体のアップダウンを繰り返した結果、酔ってしまった。自分の体の揺れで酔ってしまうとは~)そして、この美味しいご飯を一口も食べれなかった
 後で部屋で一寝入りして、気持ちのいい温泉に入ったら、気分はすっかり良くなりましたが、すでに食事時間は終わり、この御馳走を食べれなかったことだけが心残りでした。夕食は山での行動食に持っていったクッキーだけという悲しい結果に。宿舎自体はすごく快適だったので、ぜひ、またいつかこのペンションに泊まって、夕食リベンジしたいです。
 
 1泊した次の日の8/17は、天気予報の通りの雨でした。
 今回は、ご来光バスに乗るのは諦め、バスの係員さん曰く、「朝、見てきたら、滝はヤバいくらいの水量で迫力満点だけど超危険」というお言葉を聞いて、滝巡りも止めて、松本駅に戻って町や松本城を少し探索して東京に帰ることにしました。

       150817_124852.jpg       150817_124559.jpg

     松本城に着いた時には、小雨になっていたので、お城の廻りやお堀の鯉を見たりしました。松本の町は綺麗で、
     町の人やお店の人も観光客に慣れているようで、すごく親切でした。
     今回は半分、雨に降られてしまいましたが、乗鞍の剣が峰に登頂するという目的は達成できたので、大満足の旅でした。
     次は、絶対、ご来光を見てみたいです。上高地の方にも足を伸ばすのもいいなと思っています。

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム