スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

谷川岳 一ノ倉沢トレッキング



 8月14日、新潟県の谷川岳ロープウェイ駅の近くにある”一ノ倉沢トレッキングコース”に行ってきました。

本来の計画では、下図のピンクのコース、谷川岳の頂上の”オキの耳”と”トマの耳”を目指すはずでした。
…が、この日は生憎の悪天候で、天神平は濃霧。天気予報は午後は雨。今回は、雨の時にはと考えていた赤のコースの一ノ倉沢トレッキングコースに予定を変更しました。


tanigawa1.jpg

(概    念    図)

         tanigawadake.jpg 

 ちなみにこちらは、最初にたてた計画です。次の機会に使おうかと。

【本来の計画】

登 山 計 画 書


日付       29年8月14日

目的        ハイキング

目的の山域山名   谷川岳



【行 動 予 定】

東京駅(Maxたにがわ・上越新幹線) 6:36 (1時間45分)上毛高原駅 7:53  関越交通バス ①乗場 8:00 (45分) 谷川岳ロープウェイ駅 8:45  
谷川岳ロープウェイ駅 9:15 (15分) 天神平9:30  
天神平 9:40  熊穴沢避難小屋 10:25  (徒歩45分)  天狗の留まり場11:10(徒歩45分)   
天狗の留まり場 11:15 谷川岳肩ノ小屋 12:00(徒歩45分)
昼休憩(30分)
谷川岳肩ノ小屋 12:30トマの耳 12:40(徒歩10分) オキの耳12:50(徒歩10分)


【戻り】

オキの耳13:00(10分)トマの耳13:10(10分)谷川岳肩ノ小屋13:20(35分)天狗の留まり場13:55熊穴沢避難小屋14:25(40分)天神平15:05(15分)谷川岳ロープウェイ駅15:30
谷川岳ロープウェイ駅 15:50 or 17:03(バス45分)上毛高原駅16:35 or 17:53上越新幹線(とき338号/18:25東京19:40(1時間45分)


*バス:上毛高原~ロープウェイ 3,850円 (上毛高原から谷川岳ロープウェイ駅までの路線バスとロープウェイのセット券(往復)) 上毛高原駅で購入できます。バスを降りる時に運転手さんに見せると、日付を押してくれます。これはお得!


               谷川岳バスセット券


 まあ、計画とは違い、実際はこんな風でした。


    とりあえず、ロープウェイで登った天神平は濃霧         
  20170814_091800.jpg 20170814_092502.jpg
                             せっかくなので、少しだけ頂上に向けて登ってみる
                             でも、悪天候の予報なので引き返す


 そして、下図が今回歩いた一ノ倉沢トレッキングコースです。
   
谷川岳ロープウェイベースプラザ→(30分)→マチガ沢出合→(30分)→一ノ倉沢出合
  →新道の急坂へ→(20分)→ブナ林と河原を通り旧道へ上って戻る→(25分)→谷川岳ロープウェイベースプラザ



      一ノ倉沢トレッキングコース2


 このトレッキングコースは、谷川岳ロープウェイベースプラザから谷川岳登山指導センターを通過して、舗装された旧道を歩き、マチガ沢、一ノ倉沢を目指すコースです。この道は整備されたコンクリートの道で、電気自動車も通っています。


            電気バス
            高齢者と子供とその同伴者用です。若者は歩きましょう!

 
  山登りをするつもりの装備を整えて、谷川岳に着たので、舗装された道はかなり物足りない感じ。通りすがった谷川岳登山指導センターの指導員の方も、「お子さんでも楽々行ける道ですよ~」と言われていました。
 それでも、一ノ倉沢は、ロッククライミングでも有名で、魔の山と呼ばれるほどの遭難者を出している場所。どれほどの所なのかと、前から興味があったので、ここはテクテクと舗装の道を歩いてゆきました。(魔の山にしては、気楽ですが…)

  30分ほど、小雨に降られながら歩いて辿りついたのがマチガ沢です。
  おお、やっと青空が出てきました。こんななら山頂を目指せば良かったかもと、心が揺れます。でも、山頂側には相変わらずの雨雲が。悪天候の中を登頂する自信もないし、ここは気持ちを切り替えます。谷川岳は天候が変わりやすい場所と聞きます。それが、遭難が多い原因の一つだそうだから。

044.jpg
                           マチガ沢 



 マチガ沢からさらに30分ほど歩くと、そこだけ異次元な景色が見えてきました。空から下の空間を切りとったかのような大迫力の景観。一ノ倉沢に到着です。



                一ノ倉沢5
                       一ノ倉沢のダイナミックさに圧倒される~



20170814_110903.jpg


  
           概念図

                                  



           20170814_111103.jpg
                           万年雪が残っています


   1tanigawa
                 沢の下を見学する人々、景色が壮大すぎてカメラに納まりきれません


                       一ノ倉沢 岩場
                              休憩(^-^) 沢の水はひやりと冷たい



 前述もしたように、一ノ倉沢は、遭難者が世界で最も多く、遭難者数でギネスにも登録された”魔の山”。統計の始まった1931年(昭和6年)からギネスに認定された2005年(平成17年)までに、781名の死者が出ています。

 景色を見ただけでも納得。この場所でロッククライミングをするなんて、超人すぎます。実際に沢の近くには遭難されて亡くなった人たちの慰霊のためのプレートが沢山岩肌に埋め込まれていました。
 けれども、ここを登りきることができた時の達成感って、どれほどのものなのでしょう。危険を感じるとともに物凄く憧れてしまいます。
 
 亡くなった方たちに合掌


 *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
 戻りは、舗装した道にも飽きたので、一ノ倉沢から、新道に入って土合駅の方向を目指すことにしました。

 これが、急坂の山道の連続で思っていたよりもキツかったのです。思わぬ所で登山用のスティックが役立ちました。坂の下に着くまで他の人には誰も会わないし、この道も、その先のブナの雑木林もまさに山道。先ほどの舗装の道に慣れてしまっていたので、もしかしたら迷ったのかしらと思わせるような道。
  ”こっちだよ! ”と言わんばかりに、木や岩や地面に杭やリボン等の目印をつけてあるのは、そのせいなのでしょう。特に急坂では赤い杭が目印だった(多分)のだと後で気づいたので、ちょっと最初は道、間違えたかなと思ったりもしました。(ちゃんと、道標と地図は見ていたけど…思っていたより雑木林感が強かったです(。-_-。)
 こちらが、目印のラインアップです。この他に河原には石にペンキで矢印が書いてあったりもしました。

   トレッキング4 b0275715_2301947.jpg ケルン
     こんな急坂の連続         足元にある目印の杭          こんなケルンも    


                    DSC07754.jpg
                               リボン              

       dsc09792.jpg


      トレッキングコース5       トレッキング2
      坂を下りきれば湯檜曽川の河原に出ます       *要注意 大雨が降ると増水して渡れなくなるそうです



 湯檜曽川の河原を横断してからは、ブナの雑木林を抜けて、再び最初に通ったチガ沢への旧道へ戻ることにしました。ここからは、登り道です。
                    新道分岐  



「あんなに苦労して下ったのにまた上るなんて、ナンセンスだ! このまま進んで土合駅へ行けば、有名な長階段が見れるのに」と、心は叫んでいましたが、ロープウェイ駅から上毛高原駅へのセットバス券を買っていたので、どうしてもロープウェイ駅に戻らねばならず、仕方がなかったんです┐(´-`)┌
 幸いに、登り道はそれほどキツくはなかったです。舗装の旧道へガサっと雑木林の中から這い出て来た私たちを見て、ハイカーの人たちが一瞬「その道を通ってきたんですか?!」と驚いた顔をされてました。森のくまさんになった気分(゚∀゚)

                             20170814_125039.jpg
                              途中で見つけたタマゴダケ 
                                食べれるそうです 

 
 そして、谷川岳ロープウェイ駅からバスに乗って、上毛高原駅に向い、帰りの新幹線に乗ったわけですが、今回は登山の予定を変更して、トレッキングコースにしたのでかなり時間が余ってしまいました。
 次回は、紅葉の季節にでも行ってみようかしら。谷川岳は紅葉の季節が特に素晴らしいと聞くので、それも良いと思います。その時には、今回行った一ノ倉沢の景色が本当に素晴らしかったので、ぜひもう一度、訪れてみたいです。



        20170814_104049.jpg
                     つかの間の青空 この雲の下に谷川岳の頂上が



  ちなみに谷川岳の双耳峰、水上・湯檜曽から見て手前(てまえ)にあるトマの耳(薬師岳:標高1,963m)の「トマ」は「手前」の意味。奥(おく)にあるオキの耳(谷川富士:標高1,977m)の「オキ」には「奥」の意味があるそうです。



                          tanigawa.jpg
                            霧の天神平 記念撮影だけでも(^-^)
 


 




スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

     

国立新美術館 『ミュシャ展』と『草間彌生展 わが永遠の魂』(草間彌生展 編)



 カラフルな色、無限に広がる水玉、前衛芸術家を絵に描いたような強烈なキャラ。
 「ミュシャ展」のブログにも書きましたが、国立新美術館で同時に開催されていた「草間彌生展 わが永遠の魂」に5/12(金)行ってきました。
 会期は、2017年2月22日(水)- 5月22日(月)。 会期中の総入場者数は、52万人以上(最終520,320人)を集めた大人気の展覧会です。

yayoi.jpg

 「ミュシャ展」の総入場者数が66万人であったことといい、この2つの展覧会がどれだけ美術ファンを喜ばせたかが、数字の上でも明らかです。私も含め、両方の展覧会を観た人はかなり多いのではないでしょうか。

                                                          やよい
                                                          やよいちゃん人形 (`0`)
                                                          

 まずは草間彌生さんのプロフィールから。

【草間彌生】

 前衛芸術家、小説家。
 1929年 長野県松本市生まれ。幼少より統合失調症が原因の幻覚や幻聴に悩まされており、それらの症状から逃れるために絵を描き始めた。水玉と網目を用いた幻想的な絵画を制作。京都市立美術工芸学校で日本画を学んだ。
 1957年 単身渡米、前衛芸術家としての地位を築く。
 1973年 体調を崩し、活動拠点を東京に移す。
 1993年 ヴェネツィア・ビエンナーレで日本代表として日本館初の個展。
 2001年 朝日賞。2009年文化功労者、「わが永遠の魂」シリーズ制作開始。
 2011年 テート・モダン、ポンピドゥ・センターなど欧米4都市巡回展開始。
 2012年 国内10都市巡回展開始、ルイ・ヴィトンとのコラボレーション・アイテム発売。
 2013年 中南米、アジア巡回展開始。
 2014年 世界で最も人気のあるアーティスト(『アート・ニュースペーパー』紙)。
 2015年 北欧各国での巡回展開始。
 2016年 世界で最も影響力がある100人(『タイム』誌)。2016年文化勲章受章。



今回の展覧会は、5つのブースと展示室以外の展示に分けられていました。

1.21世紀の草間彌生
  連作 「わが永遠の」(I-002~133)

 
 「わが永遠の魂」は、2009年に着手され、現在も描き続けられている大作絵画の連作です。全部で、130点が一挙公開で、全作品が日本初公開となります。
 まず、館内に入ると、草間彌生の画家人生の集大成ともいえるこの作品群に迎えられました。数の多さに圧倒されます。ここは撮影OKでした。


 作品のタイトルには、「私」「星」「夢」「死」「愛」「平和」「戦争」という言葉がよく使われていました。「自殺した私」という作品がいくつもあったのも印象的でした。この作者は、常に破滅や死という意識を持って作品を生み出しているのかなと。

 こちらは、私が撮った写真です(^∇^)
 色彩が鮮やかなので、どの作品も写真映えがしますね。とても派手な色使いなのに、けばけばしくなくて、調和がとれています。

   170502_164536.jpg
                      《明日咲く花》                         


   170502_164554.jpg



                     170502_165439.jpg
                                                  

    170502_165459.jpg

                    170502_164910.jpg


 こちらのサイトに、いつくかの作品の解説が載っています。
        ↓
 わが永遠の魂

 
2.初期作品

 故郷の松本で創作活動。1950年代に描かれた作品は、動植物、人間、天体、都市など、多岐にわたるモティーフをテーマに、東京でも何度か個展を開きました。

   《太陽》1953年 残夢 1949年
          《太陽》1953年             《残夢》1949年                

           初期の作品は、色合いが内臓っぽい。人間の肉体を描きたかったのでしょうか。

3.ニューヨーク時代

 《1957-1973》
 日本での芸術活動に限界を感じた草間は、1957年秋に単身アメリカに渡り、翌年にはニューヨークに居を移します。草間が最初  に高い評価を受けたのは、巨大なカンヴァスを小さな網目状のストロークで埋め尽くした、中心も際限もなく、構成を排除したモノクロームのネット・ペインティングでした。

         NO.AB
                            NO.AB


  ニューヨーク時代    《トラヴェリング・ライフ》
      若かりし時の草間彌生。凛としてて、かっこいい(^_^)         《トラヴェリング・ライフ》

 その後、男根状の突起を家具などにびっしり貼り付けたソフト・スカルプチュア、同一物の集積/反復によるアキュミュレイション、オブジェやイメージによって空間を埋め尽くすエンヴァイラメント(インスタレーション)、ハプニング(パフォーマンス)など、性や食品に対するオブセッション(強迫観念)を主題とした先駆的な作品を矢継ぎ早に発表し、注目を集めます。

          《自己消滅(網強迫シリーズ)》 集積21966年頃
                  《自己消滅(網強迫シリーズ)》 集積2 1966年頃


4.帰国後の作品 1970-2000 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
  

  体調を崩し、1973年に帰国した草間は、東京で入院生活を送りながら活動を再開します。絵画や彫刻、インスタレーションにおいては、水玉、ネット、男根状の突起などをモティーフとした色彩豊かな作品を生み出しました。コラージュ、版画、小説や詩といった文学作品など、新しい分野にも挑戦します。
 小説「クリストファー男娼窟」は、野生時代新人文学賞になり、93年のベネチア・ビエンナーレでは日本代表として個展を開きました。
 性と死、無限の宇宙などの普遍的なテーマにもとづくこれら作品は、新しい観客を獲得しました。コラボレーションやタイアップも数多くおこなわれ、草間の作品世界はますます広がりました。


                 《自殺した私》1977年 東京都現代美術館蔵
                            《自殺した私》1977年   

                      かぼちゃ 1999年 
          《かぼちゃ》 1999年
          このデザインは人気ですね!




  DSC_6912.jpg
             奇抜だけど、オシャレ


                                  DSC_6895.jpg
                                                


             《天上よりの啓示》1989年
                          《天上よりの啓示》1989年





 *次の作品は、草間芸術の醍醐味のひとつとも言え、全面鏡貼りの暗闇の中、無数の小さな光がきらめく空間で、鑑賞者自らが作品の一部になるような感覚を体験できます。
 


        生命の輝きに満ちて2011年
                 《無限の鏡の間 生命の輝きに満ちて》2011年》

  鏡と電飾を上手く使った作品で、その中に立った者を永遠に続く世界に誘います。そこは、うっとりと深遠な夢を見ているかのような空間でした。




5.展示室以外の展示


 今回の展覧会では屋外にも、写真をとったり、シールを貼ったり、体験型の展示があり、楽しむことができました。
 
              南瓜 2007年                
                          《南瓜 2007年》



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  《余談》
 南瓜という作品は、今回の展覧会以外にも様々な場所に出現しています。どの場所にあっても存在感があって、草間芸術の強烈な個性を知らしめています。例えば、

    南瓜 瀬戸内海 直島
            《南瓜》 in 瀬戸内海 直島
    直島は、岡山の宇野港からフェリーで20分ほどの猫とアートの島


 *気になって直島を調べてみたら、かなり面白い試みをしている場所でした。アート以外にも、島外の人への移住や就職の世話をしていたり、島ぐるみで島おこし! 島の生活体験などもできるようで、ここは一度、訪れてみたい場所ですね。
   宮之浦港では、草間彌生作の赤いかぼちゃが訪れる人を出迎えてくれるとか。

                     赤かぼちゃ

  これは、『太陽の「赤い光」を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった』と草間彌生自身が語った作品。草間作品の特徴である水玉のいくつかはくりぬかれており、内部に入ることができる。

     直島の観光サイトはこちら
          ↓
     【直島(なおしま)観光サイト】



                   南瓜 京都祇園
                       《南瓜》 in 京都祇園フォーエバー美術館 2017.6月


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ちょっと、横道にそれてしまいましたので、展覧会のお話に戻ります。展示室以外の展示には、こんな物もありました。
  始めは真っ白だった部屋に、訪問者が色とりどりの丸いシールを貼りつけるというものでした。そのコンセプトは?


       《オブリタレーションルーム》
       オブスタリーショールーム1
       この真っ白な部屋に観客が水玉のシールを貼ることで、家具も壁も消滅する。
      《オブリタレーションルーム》=自己消滅の部屋と名付けられたこの場所は日が経つにつれて水玉で埋め尽くされ、
       家具や物が溶けあうように感じられるはずだ。



         170502_175340.jpg        170502_175302.jpg

          私が行った時は、カーテンもテーブルも椅子もほとんどがシールに埋まって”消滅”してました。 
          右側の写真の中央少し上、熊の(犬?)顔のように貼ってあるのが私が貼ったシールです。分かるかな?
          


          《オブリタレーションルーム その後》
          オブリタレーションルーム2 
                        色々なモノが消滅!



  *今回の展覧会では、草間彌生さんの作品を直に鑑賞し、その斬新さは、まさに「The・現代美術!」といった感じでした。同時に新国立美術館で開催されていた「ミュシャ展、スラブ叙事詩」が壮大な歴史画だったこともあり、”現代と過去”を描く2人の画家の超大作の数々。この2つの展覧会を並行して見れたのは、とても興味深く、新国立美術館の企画は大成功だったのではないでしょうか。


 最後に東京・六本木の新国立美術館で、52万人を集めて閉会した大規模個展「わが永遠の魂」の開会式で、草間彌生がうたいあげた一節を紹介したいと思います。


   【さあ、闘いは無限だ
   もっと独創的な作品をたくさん作りたい
   その事を考えると眠れない夜が続きます
   創作の思いは未知の神秘への憧れだったのでした
   私は前衛芸術家として宇宙の果てまでも闘いたい
   倒れてしまうまで】



プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。