スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

高尾山にクィックアタッカー隊を見た!


5/2に高尾山へ行ってきました。

単独だったんで難しいコースではなくて、しかもあまり混雑していないルートの6号路を行ってみました。最後の階段を除けば、このルートが高尾山では1番楽かも。

    48508060_1475557879.jpg     48508060_3290298990.jpg


尾根道ではなくて水辺を歩いてゆきます。木々が多く、いつも道はぬかるんでいますが、小さな流れの中の飛び石を渡りながら、歩くのは涼しくて気持ちがいいです。

48508060_2213932248.jpg


天気は上々でしたが、頂上からの富士山は少し、煙って見えました。ナデシコの花が可愛い。
下山は、登りが物足りなかったので、メインルートとは外れた、上級者用(‥らしい)ルートを通りました。確かに登りだとかなりキツそう~。

‥で、事件は下山時

けたたましいサイレンと、「皆さん、道をあけてください!」の鋭いマイク音が!
何事かと思ったとたんに、二台の赤のオフロードバイクが猛スピードで高尾山の急坂道を駆け上がってゆきました。その速さっていったら、まさに旋風みたいに。

多分、山岳事故。誰かが滑落?!でも、不謹慎にも、私も周りの人たちも口々に、言ってしまった言葉は、

「かっこいい~」

しばらくしてから、3~4台の消防車と救急車が後続で上って行って、ちょっと心配になりましたが、大きなニュースにもなっていないので、大丈夫だったのかな。
山道を登ってゆく、消防車っていうのも、すごく違和感があったけど、あの2台のバイクの技とスピードは、映画の1シーンみたいで、目が釘付けになってしまいました。


家に帰って、調べてみると、あのバイクは、東京都、八王子消防署・浅川出張所に、9人の隊員が勤務する二輪部隊がある、称して”クイックアタッカー隊”なのだそうです。

48508060_706440788s.jpg   2161940_853950291_201large.jpg

 

概要は、
この部隊の重要な任務の一つに、高尾山を始めとする山地での救命救助作業がある。隊員は大型の消防車や救急車よりも先に、オフローロードバイクで登れる限界まで走行、そこから先は機器材を背負って走る。標高633mの頂上近くの現場到着までに要した時間は15分ほどだという。

こんな仕事の人もいるんですねぇ。いや~、かっこ良かった。もう1度見たい。なんて、言ったら怒られるかな。
でも、事故にはくれぐれも用心しなくては。

コメント

Secret

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。