~池田浩彰と少年少女名作文学の挿絵画家たち


 私が、池田浩彰の絵を最初に見たのは、子供の頃に父が買ってきてくれた「少年少女世界の名作文学」という全50巻の児童向けの本の挿絵でした。
 その本には、他にも伊藤彦造や、玉井徳太郎、山中冬児、久里洋二、伊勢谷邦彦、蕗谷虹児、……今を思えば錚々たるメンバーの挿絵が掲載されていたのです。監修が川端康成というだけに、内容的にも世界の名作のほとんどを網羅していたと思いますし、一つ一つの作品の雰囲気とぴったりで、素晴らしく綺麗な挿絵が沢山入っていて、それを見るたびにどきどきわくわくしたものです。
 ここに載せたのは、その中のごくわずかの挿絵です。これだけでも、ため息ものの充実度です。

        伊藤彦造「平家物語」
        平家物語


 玉井徳太郎「若草物語」
若草 玉   若草

                      若草4


    山中冬児「バンビ」                     山中冬児「ガリバー旅行記」
   130630_183900.jpg       130630_211855.jpg

   山中冬児 ガリバー旅行記                    
   ガリバー        130630_211636.jpg
        




    久里洋二「点子ちゃんとアントン」
    130630_183928.jpg  130702_012647.jpg
        




  伊勢谷邦彦「怪傑ゾロ」
  zoro1.jpg     zoro.jpg

            ゾロ 伊勢田邦彦

                                  011_convert_20140301160235.jpg


            蕗谷虹児「聊斎志異」
            虹児2

            虹児


 ちょっと前置きが盛り上がってしまいましたが池田浩彰さんに話を戻すと、このAFTENOONTEAのブログで、前に少し、池田さんの絵に触れたところ、結構な頻度で「池田浩彰」でキーワード検索、アクセスしてくる訪問者が多い事に気づきました。やっぱり人気があるんだなぁと、けっこう嬉しくなってしまったので、情報が少ないながらも、自分なりに”池田浩彰”特集を組んでしまおうかなと!

ところが、池田浩彰さんの情報はとても少ないのです。もう亡くなられたということですが、ネットや本で調べたプロフィールは、

池田浩彰
 1925年、 大連(現在の中国の旅大市大連)に生まれる。独学で絵の道にはいる。
 ロシア占領下時代の建築物が並ぶヨーロッパをおもわせる街、大連で培われた美意識と、日本的なるものへの憧れ、東洋と西洋が結合したような永遠のボヘミアンを理想とする生き方の中で、ロマンチズムに満ちた画風が生まれた。



 解説には、昭和30年頃から多くの児童書や文学書の挿絵を描いたともあります。少年少女名作文学にもソビエト編に多くの挿絵を描いておられるのを見ると、プロフィールにロシア占領下時代を生き抜いてきたとあるのが頷けるような気がします。池田浩彰というと、お姫さまっぽい絵を想い浮かべてしまいますが、こんな骨太な挿絵もあるのです。

            ソビエト編4「若き親衛隊」  躍動感が凄いです! こちらに向かって馬が駆けてきそう。

            若き親衛隊2


若き親衛隊     若き親衛隊1



   こちらはソビエト編5の「ビーチャの学校生活」の挿絵です。こちらは児童書っぽい挿絵で可愛いですね。

   ビーチャの学校生活2     ビーチャの学校生活


             ビーチャの学校生活3



             日本編1「古事記」 
             天の岩戸に篭ってしまった天照大神を外に出すために踊る天宇受賣命(アメノウズメ)
             神楽の音が聞こえてきそうな感じがします。

           古事記1

古事記2   古事記


 もちろん、池田浩彰の真骨頂といえば、お姫様! 少年少女文学全集の他の挿絵には、こんな素敵な物が沢山あります。

                41uhcbkUA9L__SL500_AA300_.jpg

       sekai3-20s.jpg

                「白鳥の王子」
           sekai3-13s.jpg


img_865433_9738791_5.jpg



     「シンデレラ」
     img_865433_9738791_0.jpg


     ikeda004.jpg

blog_import_5131f27388e5c.jpg  img_865433_9738791_1.jpg


        「人魚姫」
        blog_import_5131f272b2c90.jpg

        4159MFjj9XL.jpg


img_865433_9738791_4.jpg  2011021319.jpg

池田浩彰さんの挿絵を少しだけ紹介しましたが、また、本棚の奥にしまってある分も追々載せてゆきたいと思います。
尚、下の国会図書館の検索サーチで、彼の挿絵のある本のサーチができます。参考まで。

国会図書館サーチ 池田浩彰

コメント

池田浩彰さん

はじめまして。
久しぶりに検索しましてこちらを拝見しました。
古事記の挿絵など本当にすばらしいですよね。
小学館が回顧展をしてくれれば、一気に評判になるだろうとおもいます。
画集が欲しいです。

Re: 池田浩彰さん

るいべ様

はじめまして。コメント、いただいて有難うございます。
小学館の名作文学の挿絵はどれも素晴らしくて、子供の頃に本を読むと同時に挿絵にもワクワクさせられたことを今でもよく覚えています。回顧展があれば絶対に行きたいです。どこかの美術館でやってくれないかなぁ。

池田浩彰さんの情報は本当に少なくて、画集なども出ていないようです。美術協会などの資料にもお名前はなくて、もったいない話だなぁと思ってしまいます。この方の挿絵だったら、今の子供たちも大好きになると思うのに。

池田浩彰さん

はじめまして。
池田浩彰先生の名前を見て思わずコメントを書いてます。
私も小学館の名作全集で古事記の挿絵に衝撃を受け、こんな絵を描けたらな〜と思いつつ絵本作家を目指している一人です。
本当に池田先生の画集があれば欲しいです!
先生の絵は今で言うと子供向けの絵ではなかったけれど、絵の力というのは時代を超えて見る人の心に残るものだと思います。
未だに先生の絵は超えられませんが、いつか古事記の絵本を出版したいです。

Re: 池田浩彰さん

田中様

はじめまして
本当に池田浩彰さんの絵は素敵で、私も画集はないかと探しまくったのですが、昭和初期の挿絵作家を広く扱っている弥生美術館(東京大学の弥生門の近くにあるんです)の人に尋ねてみても、池田浩彰さんの絵は扱っていないとのこと。(というか、池田浩彰という名も知らない感じでした。残念…)
挿絵画家のリストにも載っていませんし、作家協会にも入ってらっしゃいませんでした。こんなに才能のある作家さんの絵を埋もれさせてしまうのはとても、もったいないと思うのに。
田中さんは、絵本作家を目指しておられるとのこと。頑張って下さいね。
古事記の絵本ですか。いいですね~。池田風の絵は、今の時代は絵本に向かないのかなぁ。私なら文句なしに買ってしまうのに。

No title

 子供のころ住んでいた家を引き払う為に、整理をしていましたら小学館の児童向け月刊雑誌に掲載された挿絵が素敵すぎて、そのページだけ切り抜いて保管していました。

このような便利な時代になり、初めて池田浩彰さんの作品だとわかり、このページに行きつきました。
作品展、ぜひ実現していただきたいですし、作品集もあっても良いと思います。
何かありましたらお知らせください。
URLって非公開ですよね??

Re: No title

こんにちは。
コメントいただいて、有難うございます!
池田浩彰さんの挿絵は本当にいいですよね。
このブログでも、昭和の初めに活動されていた絵師にもかかわらず、とても人気があって驚いてしまいます。
私が調べた時点でかなりご高齢だったようですので、挿絵画家としての活動はとうに辞められているようでしたが、今はどうされているんでしょうね。

池田浩彰さんの展覧会とか作品集がないかと、東京の根津にある弥生美術館(昭和の主だった挿絵画家をかなり手広く紹介している所です)という美術館で聞いてみたのですが、予定はないとのこと。というか、池田浩彰さんのこと自体も知らないという感じでがっかりしてしまいました。また、別ルートでも調べてみようと思っています。

URL? このブログのURLでしょうか。非公開にした覚えはないけれど。実はこのブログの使い方をよく分からないまま使っているので、もしかしたら、うまく設定ができていないのかもしれません。



池田さん

初めまして池田さんの絵に惹かれてお邪魔致しました。
少年少女世界の名作文学の挿絵は初めて目にしました。
珍しいイラストをアップしていただき、ありがとうございます。

池田さんのイラストでは「おやゆび姫」講談社発行「世界のメルヘン24巻」が強烈な印象でした。
同じく講談社「世界の名作」シリーズ「若草物語」とここにも紹介されています「人魚姫」
美しいイラストに本を開くたびにウットリしています。

集英社刊行「小公女」に池田さんのイラストとお顔の写真が掲載されています。
これは「子どものための世界文学の森」名作集の11冊目です。

弥生美術館は漫画関連の展示会で行ったことがあります。

池田さんの原画展や画集などが刊行されると嬉しいのですけどね。

Re: 池田さん

セシリアさま

初めまして。コメント、いただきましてありがとうございます。

池田さんの挿絵は、少女の夢って感じでいつ見ても素敵ですよね。
昭和初期に活躍された挿絵画家の絵は、子ども向けの本の挿絵でも大人っぽくもあって、それがいい味を出しているのだと思います。
「小公女」に池田さんの写真が載っているのですか? 「子どものための世界文学の森」名作集の11冊目ですね! さっそく図書館か古本屋で探してみます! 情報をありがとうございました。

画集は今のところは出ていないようです。池田さんは本当に情報が少なくて、弥生図書館あたりにもっと掘り起こして欲しい作家さんなのですが。要望のメールでも送ってみようかな。

こんばんは

古事記の紹介記事を参考に「アラビアン・ナイト」少年少女世界の名作1が購入できました。
ありがとうございました。

池田浩彰さんを検索したら、過去に2013年2月~3月に
ギャラリー服部・ときわ台に於いて
池田浩彰複製水墨画展が催されています。

池田さんの同姓同名の方なのか、
ご本人なのかは問い合わせておらず、分かりません。

Re: こんばんは

セシリアさま

こんばんは
情報をありがとうございます!
池田さんは、司馬遼太郎の「燃えよ剣」のカバー絵なども描かれているようですので、水墨画も描かれている可能性は大ですね。
ギャラリー服部 ときわ台かぁ。問い合わせてみます。

「アラビアンナイト」が購入できてよかったですね。

そういえば、少年少女世界の名作文学 50巻の全リストと挿絵画家を表記したブログがありますよ。すごく詳しくて、このブログを作った人の”世界名作文学”愛に大感激です。
下にアドレスを載せておきます。こちらを見れば、池田さんが手がけた巻が良く分かります。
私は、池田浩彰さんと同じ時代に活躍された画家さんでは、伊藤彦造さんも好きです。

http://nazede.gozaru.jp/meisakubungaku.html

ありがとうございました。

貼り付けていただいたサイトは検索していた時に見つけ、参考にさせてもらいました。
その他にも少年少女世界の文学30巻全集の方も参照しました。

私が入手したのは55巻全集の一部の巻号です。
伊藤彦造さんは全55巻の中で、私が所有する46巻と50巻のカバー絵のみにお名前があります。
全50巻と全55巻では内容にも違いがあり、池田さんの挿絵が目的で全50巻、全30巻シリーズを探すのは限界ですね。
「小公子」と「潮騒」収録巻号が見たいですね。

池田浩彰さんは新潮文庫「天人五衰」豊穣の海(4)のカバー(4のみ所有です)「風と共に去りぬ」カバー等も描かれています。

Re: ありがとうございました。

セシリアさま

ご丁寧なメール、ありがとうございます。

前にセシリアさまに教えてもらったギャラリー服部・ときわ台の方へメールで、問い合わせてみました。
ただ今、返信待ちですが、水墨画の作者が、絵本の挿絵の池田浩彰さんかどうかの確率は五分五分のような気がします。
ただ、池田さんは「燃えよ剣」などのタイトル画も描かれているので、水墨画もありえるかも。

ギャラリー服部から返事がきたら、また、お知らせしますね。
なんだか、わくわくしてきました。

では、また。

ギャラリー服部・ときわ台から返信がきました!

セシリアさま

ギャラリー服部・ときわ台から返信がきました!

結果をいえば、水墨画の作者は挿絵画家の池田浩彰さんと同一人物でした!!^^/)

ただ、ギャラリーからのメールでは、水墨画を提供してくれた人がそれを手にしたのは数十年前だそうで、その後の
池田浩彰さんの消息は不明だそうです。
 この水墨画集の作品は、漢字を象形化したような絵で、こども向けの挿絵画とは想像もつかない激しい表現のものだそうです。
 
 また、池田浩彰さんの水墨画(複製画)の再度の展示は、先方は貸しギャラリーなので、借主の展示が優先されるので、確定ではありませんが、来年春ごろを考えているそうです。その時は改めて案内をくれるそうなので、楽しみに待つことにしたいです。

 何にしても、情報がほとんどなかった池田さんの足跡がこんな形で分かるなんて、すごく嬉しいです!
 セシリアさんに大感謝です!

 また、ギャラリーの方から案内があったら、お知らせしますね!
 
 

こんにちは

好かったですよね。
池田浩彰さんの消息は不明なのが残念ですが、又の複製水墨画展示があると嬉しいですよね。

私はギャラリーさんへ電話をかけたけど、留守電だったので、それ以降バタバタして連絡できません。

ありがとうございました。

池田浩彰さん知っています

世界名作の「白鳥物語」を検索していまして、ここに迷い込んでしまいました。嬉しい迷子?迷爺です。
池田浩彰さんは池田かずおさんと仰います。
池田かずお、深草みどり、池田和夫を経て昭和40年前後から、単行本の挿絵口絵の執筆の際は池田浩彰を使用されるようになりました。
私も池田さんの大ファンですが、主に雑誌執筆時代のファンでして、
名作本童話本は10冊も持っていないと思います。
このメールが無事届きますことを祈っています。
  
熊本・村崎修三

Re: 池田浩彰さん知っています

村崎修三さま

メール、届いていますよ^^)
池田浩彰さんは本当に人気があって、このブログにもコメントをして下さる方がいて、その度に嬉しく思っているのですが、
池田浩彰さんが、

” 池田かずお、深草みどり、池田和夫を経て昭和40年前後から、単行本の挿絵口絵の執筆の際は池田浩彰を使用されるようになりました”

 という情報をいただいたのは初めてで、池田浩彰さんの足跡を追う手立てが増えて、また新しい楽しみができました。本当に有難うございます。
 そういえば”深草みどり”という名の挿絵画家の絵は見たことがあったような気がします。でも、池田浩彰=深草みどりだったなんて、驚いてしまいました。
 また、池田かずおや池田和夫の名前でも、色々と調べてみたいと思います。また、新しい事が分かりましたら、ブログに追加してゆきますね。

 村崎さんは、熊本にお住まいなのですね。今年は災害もあって大変でしたね。一日でも早くあの綺麗な熊本城や水前寺公園の景観が戻ってくるのを願っています。

 コメント、有難うございました。

 

ギャラリー服部から池田浩彰さんの展覧会の案内がきました。

セシリアさま

ギャラリー服部から池田浩彰さんの展覧会の案内がきました!
以下、メールの内容です。

* * *

<池田浩影>複製画展を下記の期間に開きます。

  3月2日(木)~28日(火)
  午前10時~午後5時
  水曜日 定休

 ご来館お待ちしております。
-------------------------------------------
ギャラリー服部・ときわ台・
Gallery-hattori@abox3.so-net.ne.jp
Tel&Fax 03-5915-2210
http://www006.upp.so-net.ne.jp/gallery-hattori

複製画展なので、童話の挿絵のような作品はないかもしれませんが、
私は行こうと思っています。

とりあえずはご連絡まで。

(追伸)
 コメントの返信が上手く入力できなくて、何回も操作してしまいました。
 もし、何度もお知らせメールが行っていたら、すみません。

こんばんは

ギャラリー服部さんで「池田浩彰複製原画展」開催決定のお知らせありがとうございます。

昨年、パソコン修理にだし、春から秋頃迄ネットから遠ざかっていました。
又、最近もメールの不具合や特定のブログが閲覧できないなどのトラブルも発生。

原画複製の内容が気になりますが、知人へも通達しますね。

昨年、池田さんの挿絵が掲載の古い児童書を頂きました。
全集の14アメリカ編「小公子・・」と偕成社版「世界のむかし話2」S40年刊行、これは全て池田かずおさんの画です。
上記で村崎さんが池田さんの別名を書いておられましたね、かずおさん名義では「ははをたずねて」オールカラー版世界の童話20も入手できました。

深草みどり名義もチェックの対象に入れないといけませんね。

Re: こんばんは

セシリアさま

おはようございます。
パソコンの不具合には私も悩まされています。なんせ、古いパソコンを長年使っているものですから(笑)
ギャラリーからメールが来た時は嬉しかったです。ちゃんと、問い合わせしたことを覚えていてくれて連絡してくれたんですね。

池田さんの謎のプロフィールが、色々な方の情報で少しずつ分かってきて、わくわくしています。ぜひ、お友だちにも教えてあげてください。
また、メールしますね。
ではまた。

No title

偶然見つけた池田かずおさんの情報、夢中で読みました。中学生から高校生のころまで夢中だった画家のひとりです。池田かずおの絵は凄いですね。気品に溢れています。二十年くらいまえに出版社に問い合わせ池田かずお先生にお手紙を出し、お返事を(はがきでしたが)戴いたことがありました。こころに深く残っています。   (睦子)

Re: No title

三上睦子さま

コメントをいただき、ありがとうございます。

気品に溢れている! まさに池田さんの挿絵にはその言葉がぴったりですね。
手紙の返事をもらえたなんて、羨ましい限りです。
池田さんは、だいぶ前に亡くなられていますが、それは、今となっては貴重な想い出ですね。お手紙の内容などは覚えておられますか?
もし、よろしければ、ちょっとでも教えてもらえないでしょうか。

また、何かありましたら、遠慮なくこのブログに遊びにきてくださいね。

風梨凛

No title

おはようございます!ブログに掲載頂きありがとうございました。
私は現在70代前半です。ブログへ投稿するのは初めてです。何かを伝えたくて、四苦八苦して何とかブログへ送ることが出来ました。池田かずお先生が私の手紙にお葉書を下さったのは正確に覚えていませんが、もう二十年以上前の事だと思います。東京で個展を開くとのこと、その案内でした。先生の美しい絵の絵葉書に、先生の直筆と思われるペン字で良かったら見に来てくださいと。先生の生年から推して、もう70代後半なんだなぁと思ったこと覚えています。まだ仕事をしていた頃で、簡単に東京へは行けず月日が経過してしまいました。リタイヤした今なら簡単に行けるのに・・少女時代に読んだ「女学生の友」を二十冊ほど集めましたが、殆どに先生の挿絵が入っています。あの葉書は何処へ・・・                                      (むつこ)

Re: No title

三上睦子さま

おお、初投稿がこのブログだったなんて、何て嬉しい! ありがとうございます。

池田さんの挿絵のファンの皆さんは、少年少女時代に見た挿絵がずっと心に残って、このブログを訪ねて下さる。同じ想いを持った方々にコメントをいただいて、懐かしさを共有できるのとても楽しいです。
私が後々に聞いた話では、晩年の池田さんは、自分のプロフィールを公開するのを嫌われたそうで、画集なども出しておられないそうです。
三上さんが受け取った葉書、どこからか出てくるといいですね。
でも、池田さんが三上さんに手紙を返したってお話を聞けただけでも、良かったです。

風梨凛

こんばんは

風梨凜さま

三上睦子さまが当時お読みになられた「女学生の友」は、天皇陛下のご婚約年から東京オリンピック前年位の年号でしょうか?

池田かずおさんのどんな挿絵が掲載されていたのでしょう?
すごく気になります!
その中に「白ゆりの天使」もありますでしょうか?

私が池田さんを知ったのは講談社世界のメルヘン「おやゆびひめ」の新聞掲載広告記事でした。(出会いから皆さんより遅れています。)

Re: こんばんは

セシリアさま

こんばんは


> 三上睦子さまが当時お読みになられた「女学生の友」は、天皇陛下のご婚約年から東京オリンピック前年位の年号でしょうか
> 池田かずおさんのどんな挿絵が掲載されていたのでしょう?
> すごく気になります!
> その中に「白ゆりの天使」もありますでしょうか

 どうなのでしょう? 三上さまが、どのくらいの頻度でネットを使ってらっしゃるかが分からないですが、メールでうかがってみましょうか。セシリアさんは、「白ゆりの天使」の挿絵を探しておられるのですか。

池田さん

風梨凜さま

私にも三上さまと同年位の知人がいますが、本の話、挿絵画家などの話題はしたことがありません。(相手に興味が無さそうです。)
当時の「女学生の友」掲載タイトルなどを教えていただければ、探究がしやすくなります。

「白ゆりの天使」はジャンヌダルク物語のようです、一部カットは見ました。

「少女ロマンス」も古過ぎて、あまり出回りませんし・・。

Re: 池田さん

セシリアさま

ホーリーホビーの絵ハガキ有難うございました。
池田浩彰さんの挿絵から、すっかり忘れていたホーリーホビーのイラストのことを思い出して、懐かしい気持ちでいっぱいです。

調べてみると、ホーリーホビーは、学研が70年代にアメリカのカード会社アメリカン・グリーティング社と提携して、Victoria Fancyというブランド名を立ち上げて大ヒットさせた、今のファンシーグッズのはしりみたいなものだったのですね。
こうやってみると、海外のイラストや挿絵にも良いものが沢山ありますね。


「女学生の友」の件は問い合わせてみますね。三上さんが、また、このブログを訪れてくれればいのですが。

Secret

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム