スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

ビブリオバトル in 水道端図書館 ~芥川龍之介


7/27(土)に文京区水道端図書館で催されたビブリオバトルへ行ってきました。ビブリオバトルというのは、もともとは、京都大学のゼミで行われていた授業が、イベント性を帯びて全国に広がった書評バトルです。

ルールは簡単で、

①本の紹介者がお気に入りの本を持ち寄る。
②その魅力を”5分間”で観覧者に紹介する。
③どの紹介者の本が良かったかを観覧者の挙手で決定する。1番、票が高かった”本”がその回の”チャンプ本”になる。


その他には、観覧者から紹介者への質問は、参加者全員が、紹介された本を楽しめる内容であること。自分がその紹介者よりもその本のことを良く知っていても、紹介者のあげ足を取るような質問は厳禁。というように、あくまでも、和やかにというのが基本方針だそうです。

 ビブリオバトルの観覧もこれで3度目で、最初はどんなもんだろな~と緊張感がありましたが、かなり慣れて観るにも余裕がでてきました。
 主催の紀伊国屋書店から来ている司会役のエージェント(笑)は、いつも同じ方。発表者の中にも、観覧者の中にも以前に見た人がいました。っていうか、毎回、来てる人がいるみたい。私もそうですが、1度、行くとクセになるのかも。

今回のビブリオバトルは、発表者は7名。観覧者は30名ほど。水道端図書館では初の試みだそうで、芥川龍之介の作品限定で行われました。

130727_161037.jpg

紹介された作品は以下の通り。



①トロッコ
<初出> 「大観」大正11年。

トロッコ (日本の童話名作選)トロッコ (日本の童話名作選)
(1993/03)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


芥川が親交があった力石平蔵が提供した作品をもとに書いた作品。少年が、土を運搬するトロッコに興味を持ち、それに乗った時の嬉しさや怖さの感情をしみじみと描いている。

発表者は慣れた感じの女性で、落ち着いた口調が印象的でした。

特に、少年がトロッコを押せた時の情景描写が素晴らしいとおっしゃってました。原作者の力石は芥川の熱心なファンで、芥川が彼に校正の仕事を紹介したり、質問コーナーでは、二人の関連性などにも話がおよんでいました。


②鼻
<初出> 「新思潮」大正5年。


羅生門・鼻 (新潮文庫)羅生門・鼻 (新潮文庫)
(2005/10)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


「今昔物語集」の「池尾禅珍内供鼻話」を材料としている。長すぎる鼻を気にしてどうにか短くしようとする僧の愉快な話。教科書には前述の「トロッコ」とともに頻出の作品。

発表者の男性は、元高校の国語の先生だったそうで、その時の試験に「鼻」を読んで、想像できるこの主人公の絵を描きなさいという問題を出したそうです。採点は描けば5点は取れたそうな…。そのような経験談が聞けるのも面白かったです。

③羅生門
<初出> 「帝國文學」大正4年。
羅生門羅生門
(2012/10/13)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


時は平安末期の京都。死ぬか盗賊になるかの下人が、死体置き場となっていた羅生門で出会った一人の老婆。下人の心の動きを見事に描いた芥川文学の原点ともいえる作品。

発表者は女性で、スポーツなどに明け暮れて、読書から離れていた時に本棚からふと取り出して、感動した本だそうです。降り続く雨、揺れ動く人の心。一見、おどろおどろしそうな羅生門という作品ですが、芥川の文章は、その中の暗闇の中に色が見えるようで、とても美しいと感じたそうです。何か、ぐっとくる話ですね。

④雛
<初出> 「中央公論」大正12年。
雛
(2012/09/27)
芥川 竜之介

商品詳細を見る


明治期になって没落した旧家。その家にあった雛人形がアメリカ人に売り渡されることになり、雛人形が売られてゆく前夜の家族の心の動きを描いた作品。

発表者は、声もおごそかに、非常にまとまったお話をされる方でした。落ちぶれてゆく豪商を描くことで、その当時の時代背景と、古き日本の良いものが失われてゆく哀しみを著わしているように思われたそうです。また、ラストにイギリス人の子供が、雛人形の首をくるくる回して無碍に扱っているシーンがあるらしく、アメリカ人に売られていった雛と、その雛は同じ? など、その解釈が質問コーナーの話題に。

⑤舞踏会
<初出> 「新潮」大正9年。
舞踏会・蜜柑 (角川文庫)舞踏会・蜜柑 (角川文庫)
(1968/10)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


美しい令嬢明子の初めての鹿鳴館での舞踏会。
ピエール・ロティが書いた「秋の日本」の中の「江戸の舞踏会」を下書きとした作品。

発表者はスタジオ・ジブリのアニメに出てきそうなオーラを持った老婦人。”こんにちは”から始まって、おもむろに老眼鏡をかけ話し出される様には、けっこう圧倒されてしまいました。

芥川の作品らしくない作品で、好きではないが覚えていた作品とおっしゃってましたが、確かに本文を少し朗読された部分からは、大正ロマンを感じました。鹿鳴館で舞踏会! それだけでも、素敵だ。

⑥西方の人
<初出> 「改造」昭和2年。
侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)
(1968/11/19)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


小説というより評論。昭和2年に枕元に聖書と遺書を残して自死した芥川の遺稿となった作品で、1.この人を見よ。~37.東方の人まで、彼が感じたクリスト(キリスト)の一生を綴っている。

発表者の男性は、大学教授風の男性。自殺との関係で、芥川は自分を自分で十字架に架けたのではないか、クリストは古代のジャーナリストなど、ちょっと難しかったけれど、大変、興味深い意見を言っておられました。

⑦黄梁夢
<初出> 「中央大学」大正6年。
黄粱夢黄粱夢
(2012/09/27)
芥川 竜之介

商品詳細を見る


タイトルは”こうりょうのゆめ”と読む。典拠となる唐の沈既済の「沈中記」は、「人生の栄枯盛衰も結局はむなしくはかない」という内容だが、芥川はそれを夢の中の栄枯盛衰も「夢だから、なお、生きたいのです」と強い意志の煌めきを著わしている。

発表者の女性は、この作品を模試の問題で読んだそうですが、テスト問題なのに感動してしまったそうです。人生は空しいとした「沈中記」とは、違うラストで結んだ「黄粱夢」に芥川の力強さを感じたそうです。


発表は、前半3名、後半4名の形式で行われ、それぞれにチャンプ本(作品)が選ばれました。
選ばれた作品は、
前半が、
「羅生門」
後半が、
「雛」「舞踏会」でした。

私は「羅生門」に一番、心魅かれましたが、色々な発表者や観覧者の意見を聞いて、改めて、芥川龍之介の才能を再確認させられたように思います。

ちなみに、私が好きな芥川の作品は「河童」です。
河童が生まれてくる予定のお腹の子供に、「生まれたいか、生まれたくないか」と尋ねて、「生まれたくない」と答えると、とたんにお腹がしぼんでしまうという、エピソードが面白くもあり、ちょっと皮肉な感じもして、とても印象に残っています。

河童 (集英社文庫)河童 (集英社文庫)
(1992/09/18)
芥川 龍之介

商品詳細を見る



さて、最後に今回訪問した水道端図書館について一言。
早川ミステリ、全巻所蔵! これは、素晴らしい! 本棚の前で思わずニヤニヤしてしまいました。
フリッツ・ライバーの小説を借りて大満足です。ビブリオバトル以外でも、また、行ってみたいです。

コメント

Secret

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。