降臨! 神業絵師 伊藤彦造という男 ~弥生美術館



 1月22日(水)に、東京都文京区 千代田線根津駅から徒歩7~8分、東大 弥生門前にある弥生美術館へ行ってきました。
今回の目的は、待望していた昭和初期の挿絵画家、伊藤彦造の展覧会を見ることです。

    ”降臨! 神業絵師 伊藤彦造という男” 

          036.jpg


                
 えらく大げさなタイトルがついていますが、これは決して大げさじゃない。そのくらい、この伊藤彦造という画家が描く絵(ペン画)、は、死の覚悟があり、鬼気迫り、神々しく、かつ繊細、優美でもあります。
そして、プロフィールがまた、驚きで、

 1904年(明治37年)に、剣豪伊藤一刀斉の末裔に生まれた。橋本関雪に日本画を学ぶと、大正14年に「大阪朝日新聞」掲載の番匠谷英一「黎明」の挿絵でデビューする。
 幼いころから剣術に親しみ、少年時代には修行に真剣を用いたという。また、自らの腕を切り、その血で絵を描いたこともある。
「心は画人ではなく武人」と語った異色の画家であり、主に剣劇シーンの挿絵が多いが、川端康成監修「少年少女世界の名作文学」では、ギリシャ神話、ロシア童話などの繊細な挿絵も手掛けるなど、今でもその才能に魅かれるファンは多い。
 昭和40年代まで「少年倶楽部」「キング」などで活躍したが、70代で視力の衰えのため画業を引退、平成16年(100歳)で老衰で死去。



 私が伊藤彦造の挿絵を知ったのは、「少年少女世界の名作文学」の繊細なペン画で、長年、彼の挿絵が好きでたまらなかったにも関わらず、実はそのプロフィールも剣劇画が作品の主流であることもほどんど知りませんでした。ですから、今回、弥生図書館に出品された数々の挿絵や説明を見た時には、この人って、こういう画家だったのかと、目から鱗が落ちる思いがしました。
 今回の展覧会で、私は、ますます、彦造の絵が好きになったわけですが、弥生図書館で伊藤彦造の展覧会が行われたのは、平成3年、6年、11年、15年、18年に続いて6回目だそうです。それだけ、ファンが多いのでしょうし、それも頷ける気がします。



 展示作品は、沢山ありましたが、その中からいくつかを紹介すると、

                       hiko2.jpg
                               曽我五郎時致 
 *曾我兄弟の仇討ち(そがきょうだいのあだうち)は、建久4年5月28日(1193年6月28日)、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に、曾我祐成と曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を討った事件。赤穂浪士の討ち入りと伊賀越えの仇討ちに並ぶ、日本三大仇討ちの一つである。

 曽我五郎のこの挿絵には色気がありますね。心に宿した覚悟が凛と表情に現れて……凝視していると、口元から彼の決意の言葉が聞こえてくるようです。


 また、彦造は、自分の門下生にポーズを取らた写真を下地にして、剣劇の挿絵を描くこともあったそうです。それによって、場の臨場感をさらに高めようとしたのでしょう。今回の展覧会には、それらのポーズ写真が7点展示されています。


photo_3.jpg      hiko.jpg
 下地の写真 門下生にポーズを取らせています。         昭和6年6月号の『日本少年』付録、「飛沫」    
                                       左の写真と同じポーズをとっています。
                                                         
                                                       


ジャガーの眼
 「豹の眼」 昭和3年~ 「少年倶楽部」 高垣眸 著

 *ジンギスカンの血をひく日本人・黒田杜夫(モリー)と清王朝再興を目指す秘密結社「青竜党」の娘・錦華が、悪のジャガーが率いる秘密結社“豹の眼”とのジンギスカンの隠し財宝争奪戦に挑むという話。モリーと錦華が危機に陥ると、正体不明の正義のジャガーが現れ2人を助けてくれる。



阿修羅天狗
昭和26年2月号の『冒険活劇文庫』に掲載された作品 「阿修羅天狗」野沢純 著

*幕末を舞台に、正義の覆面剣士・修羅が活躍する活劇で、下の挿絵の登場人物の一人、美少年・伊織が素敵です。
 父の仇の紫頭巾をつけ狙っているのに、いつもその紫頭巾の助けられてしまう少年伊織。そういう展開って、いつの時代でも心魅かれるものです。しかし、彦造の描く美少年は、どの作品も色っぽいなぁ。


img234.jpg   f0229743_03263554.jpg
       少年 伊織                   アップです。美人だ。


*展覧会場には、彦造が挿絵を描いた新聞小説「修羅八荒」などの作品のコピーを同好会の方がファイルに束ねた資料を見ることもできて、思わず椅子に座りこんで見いってしまいました。昔の資料でもちゃんと残っているんですね。
 


  挿絵:伊藤彦造、行友李風「修羅八荒」(朝日新聞、1925〈大正14〉年)       t02200410_0800149111585905346.jpg
    行友李風著「修羅八荒」より(朝日新聞、大正14年)


 また、彦造は自らの腕を傷つけ、画を描いたという話は前述しましたが、満州事変の翌年、昭和7年28歳にして自らの血で「神武天皇御東征の図」を描き陸軍大臣・荒木貞夫に贈り、さらに翌年ペンで国に尽くそうと「大日本彩管報国党」を結成したそうです。
 芸術家、それもこんなに繊細なペン画を描きながら、武人って、つくづく異色のプロフィールですね。



    DSCF1549.jpg       DSCF1550.jpg
    腕を傷つけ、画を描くための血を絞り出す彦造        自らの血を混ぜて描いた「神武天皇御東征の図」        
    失血のためにふらふらになってしまったとか(驚!)




              「杜鵑一声」は昭和四年
                 昭和4年 「杜鵑一声」(とけんいっせい)              

            *昭和天皇大阪行幸の折り、天覧になった作品。杜鵑(とけん)は、ホトトギスのこと。
             少年剣士が月の光をバックに日本刀を掲げ、立志の心を誓っているといったシーンでしょうか。


               「運命の剣」少年倶楽部、s4、3月号
                       昭和4年 「運命の剣」 少年倶楽部3月号  

 *15歳で新撰組に入隊し、その若さゆえ、小姓として副長の土方歳三の世話係をこなしていた少年、市村鉄之助をモデルとした小説。鉄之助は、死を覚悟した土方の命を受け、その遺品を届けるために五稜郭を脱出し、土方の故郷・日野(東京都日野市)に向かったというエピソードの少年です。



ito.jpg


                  渡辺綱による羅生門での鬼退治の場面。
                  昭和24年11月号 『冒険活劇文庫』の折込口絵 「羅生門」
                  *渡辺綱による羅生門での鬼退治の場面。


          20080708143947.jpg
                         「角兵衛獅子」
                   大佛次郎著 「鞍馬天狗」の中の挿絵


 弥生図書館での”降臨! 神業絵師 伊藤彦造という男”での作品を紹介してきましたが、ここからは、私が大好きな「少年少女世界の名作文学」の挿絵の中からピックアップして伊藤彦造の作品を載せてみました。
 「少年少女世界の名作文学」は、1965年から1967年まで、毎月発行されていた世界の名作の数々を掲載した全50巻の児童文学書で、名作といわれる世界の児童文学をほぼすべて網羅し、作品のみならず、翻訳、挿絵、装丁ともに素晴らしい本でした。
 詳しくは、私のブログの他の記事にも載せてありますし、そちらでも伊藤彦造を紹介していますので、興味のある方は、そちらも見て下さいね。
   ↓
本と挿絵
池田浩彰と少年少女名作文学の挿絵画家たち
     

 ☆「少年少女世界の名作文学」での伊藤彦造の作品

             平家物語
                          平家物語


015.jpg
                   平敦盛 
 *熊谷次郎直実が、17歳の敦盛の姿に我が子を重ね、「助けまいらせんと存じ候へども、味方の軍兵-ぐんぴょうー雲霞のこどく候ふ。よものがれさせ給はじ。人手にかけまいらせんより、同じくは直実が手にかけまいらせて、後の御孝養をこそ仕候はめ」と言って、敦盛の死後の供養を約束し、泣く泣く首をとった話に、しんみりとさせられたものです。


平家物語3
                    


022.jpg
                   山椒大夫 安寿と厨子王           

                      023.jpg
                                  山椒大夫


   018.jpg
                    主人公のジェロームとアリサ

   016.jpg

     017.jpg

            021.jpg
                             狭き門 
              ”狭き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし”

 新約聖書のマタイ福音書第7章第13節。すなわち困難であっても多数派に迎合せず、救いにいたる生き方の喩え。ノーベル賞作家、アンドレ・ジッドの作品です。彦造の挿絵がよく合ってますね

    014.jpg
             ロビンソンクルーソ

            013.jpg


          blog_import_5131f26f51af9.jpg
                      ホメロス神話


 上に載せたのは、ほんの一部ですが、ファンタジー色の強い、また西洋画のようなタッチの挿絵も彦造は描けたのですね。まったく、凄い才能としか言いようがありません。


 ”降臨! 神業絵師 伊藤彦造という男”展は、3/20まで、文京区 弥生美術館で開催されています。弥生美術館に併設されている竹下夢二美術館も同じチケットで見ることができます。渡り廊下でつながった二館を見るのも、面白く、この美術館は、私はけっこう気に入っています。

map2.gif

 ”降臨! 神業絵師 伊藤彦造という男”

  会 期: 2014年1月3日(金)~3月30日(日)

  開館時間: 午前10時~午後5時
 (入館は4時30分までにお願いします)
  休 館 日: 月曜日

  料   金: 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
  (竹久夢二美術館もご覧いただけます)
                 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

kazanasi

Author:kazanasi
絵画、小説を中心に観たり読んだり、自作で作ったり。サブカル全般に興味があります。暖かい時期には山登りもします。アナログとデジタルの間を行ったり来たりしてる人間です。


【kazanasiの本】




その他の童話、推理、ファンタジー作品

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム